/

東京商工リサーチ、2020年(1-10月)「休廃業・解散企業」動向調査の速報値を発表

発表日:2020年11月26日

[特別企画]

2020年1-10月「休廃業・解散企業」動向調査(速報値)

~10月で前年を突破、過去最多ペースで推移~

2020年1-10月に全国で休廃業・解散した企業は4万3,802件(前年同期比21.5%増、速報値)で、2019年の年間件数(4万3,348件)を超えた。2000年に調査を開始以降、最多だった2018年(4万6,724件)を大幅に上回るペースで推移している。

新型コロナ感染拡大で政府や自治体は相次いで資金繰り支援を打ち出し、2020年1-10月の企業倒産は6,646件(前年同期比4.4%減)と抑制されている。資金繰り破たんの回避に重きを置いた支援策は相応の効果を示すが、企業の持続可能性には別途、経営改善や事業再生、事業転換などの本業支援が欠かせない。また、代表者が高齢で後継者のいない企業を中心に、今後も休廃業・解散の増勢が見込まれる。それだけにサプライチェーン維持だけでなく、代表者や従業員の雇用の受け皿、その後の生活に配慮した廃業支援が急がれる。

※東京商工リサーチが保有する企業データベースから、「休廃業・解散」が判明した企業を抽出した。「休廃業・解散」は、倒産(法的整理、私的整理)以外で、事業活動を停止した企業と定義した。

※2019年(年間)「休廃業・解散企業」動向調査は、2020年1月22日発表。

*表資料(1)・グラフ資料は添付の関連資料を参照

■サービス業他が約4分の1を占める

2020年1-10月に休廃業・解散した4万3,802件を産業別でみると、最多はサービス業他の1万3,655件(構成比31.2%)だった。以下、建設業が7,452件、小売業が5,474件、製造業4,793件など。

産業を細分化した業種別では、飲食店が1,489件(前年同期比9.5%増)、飲食料品小売業が1,256件(同8.4%増)でともに1,000件を超えた。また、アパレルや介護、娯楽関係の業種も軒並み増加した

*表資料(2)は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料(1)・グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/600755/01_202011261631.png

表資料(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/600755/02_202011261631.png

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン