プレスリリース

SBクリエイティブ、「タッチレス コミュニケーション サイネージ」を提供開始

2020/11/25 12:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年11月25日

AIを活用して非接触でデジタルサイネージのコンテンツを切り替えることができる新サービス「タッチレス コミュニケーション サイネージ」を提供開始

SBクリエイティブ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:土橋 康成)は、AIを活用し、非接触でデジタルサイネージのコンテンツを切り替えることができる新サービス「タッチレス コミュニケーション サイネージ」の提供を開始します。このサービスは、従前のタッチ型ディスプレーで実装されている双方向型のデジタルサイネージコミュニケーション機能を、ディスプレーに触れることなくユーザーのハンドアクションにより実現します。ユーザーの手の動きをAIが検知することにより、さまざまな情報の閲覧や双方向型のコミュニケーションコンテンツを楽しむことが可能です。

本機能はデジタルサイネージにAIを導入したソフトウェアとコンピュータビジョンを搭載することで実現します。AIはインテル株式会社が提供する「OpenVINO(TM)ツールキット」を採用し、迅速かつコストパフォーマンスに優れたサービス提供を可能としています。同技術はコロナ禍の環境向けに開発した「密回避サイネージ(※)」にも採用しており、主にリテール店舗や商業施設、公共施設で利用されるサイネージサービスに向けて提供を行う予定です。

※2020年11月17日発表。詳細はこちら( https://www.softbankcr.co.jp/ja/news/press/2020/1117_002536/ )をご覧ください。

*参考画像は添付の関連資料を参照

本サービスはインテル社の主催するオンラインイベント「インテル AI PARK」にてご紹介いただいています。詳細はこちら( https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/now/ai-park-online.html )をご覧ください。また、「OpenVINO(TM)ツールキット」についてはこちらを( https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/internet-of-things/openvino-toolkit.html )ご覧ください。

SBクリエイティブは、今後もAIを活用した新たなサービス開発に取り組み、パーソナライズされた情報提供や広告配信を可能にするサービスなどへの応用も進めていきます。

■会社概要

・社名:SBクリエイティブ株式会社

・所在地:東京都港区六本木2丁目4-5

・代表者:代表取締役社長 土橋 康成

・URL: http://www.softbankcr.co.jp/

・設立日:1999年3月24日(2013年10月より現社名に変更)

・資本金:1億円

・事業内容:デジタルコンテンツ事業、出版事業、企画制作事業など

●その他、記載されている社名、製品名等は、一般に各社の商標または登録商標です。

●プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後変更となる場合があります。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/600626/01_202011251206.png

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]