/

JR東日本グループとアキュラホーム、「木のストロー」の試行導入について発表

発表日:2020年11月17日

「木のストロー」の試行導入について

*参考画像(1)は添付の関連資料を参照

○株式会社JR東日本サービスクリエーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮田久嗣、以下、J-Creation)では、JR東日本グループのグループ経営ビジョン「変革 2027」において、「ヒトを起点とした新たな価値・サービスの創造」を掲げ、移動を楽しく、快適・便利にする移動空間の実現を目指しています。

○この度、株式会社アキュラホーム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮沢俊哉、以下、アキュラホーム)及びJ-Creationでは環境に配慮した製品を提供することを目的に、アキュラホームが開発した「木のストロー」をグランクラス車内にて提供いたします。

○また、「木のストロー」の製作については、障がい者雇用を推進しているJR東日本の特例子会社である株式会社JR東日本グリーンパートナーズ(本社:埼玉県戸田市、代表取締役社長:松井信乃、以下、グリーンパートナーズ)が実施する予定です。

○J-Creation、アキュラホーム及びグリーンパートナーズでは、今後もこのような取り組みを進めて行くことで、SDGsの達成に貢献してまいります。

1 導入目的

○プラスチックストローの削減

○間伐材を含む国産材の活用促進

○減災への寄与

○障がい者・シルバー人材雇用への発展、自立支援など

*参考画像(2)は添付の関連資料を参照

2 対象列車

東北・北海道新幹線、北陸新幹線のグランクラスアテンダントが乗車する全ての列車

※アテンダントによる車内サービスがない列車では、「木のストロー」の提供はありません。

*参考画像(3)は添付の関連資料を参照

3 試行実施期間

2020年12月1日(火)~2021年3月31日(水)

4 実施内容

グランクラスをご利用のお客さまで、「木のストロー」をご希望されたお客さまに無料で提供いたします。

※「木のストロー」の在庫状況により、バイオプラスチック製のストローとなる場合もあります。

5 その他

「木のストロー」をご希望されない場合には、バイオプラスチック製のストローをご提供いたします。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/600224/01_202011171542.png

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/600224/02_202011171542.png

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach/600224/03_202011171542.png

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン