/

SAPジャパン、次世代顧客データプラットフォーム「SAP Customer Data Platform」を発表

発表日:2020年11月11日

SAPジャパン、企業が顧客を即時に把握できる新世代CRMソリューション「SAP(R)Customer Data Platform」を発表

企業プロセス全体のデータを顧客に結び付け、プライバシーに配慮したリアルタイムな顧客データをあらゆるチャネルで利用可能に

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下SAPジャパン)は、次世代顧客データプラットフォーム(CDP)のSAP(R)Customer Data Platformを発表しました。この新ソリューションは、コマースから、マーケティング、セールス、サービスまで、あらゆるエンゲージメントのカスタマーエクスペリエンスを再定義できるよう企業を支援します。企業プロセス全体のあらゆるデータを顧客に結び付け、個人情報に配慮したリアルタイムな顧客データを、あらゆるチャネルで利用可能にします。提供開始は本年11月中を予定しています。

企業の差別化要因としてのカスタマーエクスペリエンスの重要性が世界中で高まる中、多くの企業はCDPを利用して独自のパーソナライズされたエクスペリエンスを構築し、それをマーケティングで幅広く活用しています。しかし、このようにマーケティングに用途を絞り込むことで、CDPの可能性が最大限に生かされていないケースが数多く見られます。

SAP Customer Data Platformは、マーケティングの枠を超え、豊富なコンテキスト情報を伴うコマース、セールス、サービスのエクスペリエンスと、関連性が高くタイムリーなマーケティングを実現するプラットフォームです。SAP Customer Data Platformは、顧客データの収集および管理機能に基づくパーソナライゼーションを提供することを目指しています。企業は顧客をすべてのタッチポイントで把握し、関連性の高い対話を効果的に促進して、長期的な顧客ロイヤリティーを構築することができます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0543052_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン