/

日本空港無線サービス、場所を問わずスマホを用いて空港MCA無線との通話を可能とするオプションサービスを提供開始

発表日:2020年10月28日

スマートフォン接続オプションの提供開始

~テレワークでも空港MCA無線との通話やモニタが可能に~

日本空港無線サービス株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役社長:高橋禎一、以下NAR)は、場所を問わずスマートフォンを用いて空港MCA無線との通話を可能とするオプションサービスの提供を開始しました。テレワークなど空港外で勤務する場合でも、空港内における作業状況のモニタや担当者への指示連絡が可能となります。

空港MCA無線サービスは、主要空港とその周辺で提供される高信頼な通信基盤で、空港管理やグランドハンドリング、地上管制など様々な空港業務を支えています。一方で、新型コロナウィルスの感染拡大を契機にテレワークを導入する企業等が増え、例えば在宅勤務中の管理者による空港内の状況把握や緊急時の指示連絡などを可能とする通信環境が求められていました。

NARはこれまで成田・那覇・中部の各空港のMCA無線を順次TETRAシステムに更改してきました。今般TETRAが持つ相互接続機能を活用し、携帯キャリアのスマートフォンで空港MCA無線との通話を可能にするネットワーク設備を構築しました。利用者は、モトローラ・ソリューションズ社が提供する"WAVE"アプリケーションをスマートフォンやタブレットにインストールし、付与されたアカウントにログインすることにより、設定された通話グループのモニタや通話を行うことが可能となります。

NARは引き続きTETRAの様々な機能を活用して利用者の利便性を高めるとともに、航空業界のニューノーマル時代における働き方への対応も行っていまいります。

※当オプションサービスの提供はNARの空港MCA無線サービスをご契約頂いているお客様が対象となります。

※"WAVE"はモトローラ・ソリューションズ社の製品名です。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン