プレスリリース

企業名|産業
メドピア商社・サービス

メドピア、PKSHAと製薬企業に特化したアルゴリズムソリューションを展開する合弁会社の設立を合意

2020/10/28 17:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年10月28日

メドピア、PKSHAと製薬企業に特化したアルゴリズムソリューションを展開する合弁会社の設立を合意

~メドピアグループが蓄積した集合知を活用し、製薬企業などのDXを牽引~

メドピア株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石見 陽、東証一部:6095、以下当社)は、株式会社PKSHA Technology(東京都文京区、代表取締役:上野山 勝也、東証マザーズ:3993、以下PKSHA)と合弁会社「メドクロス株式会社」の設立に関する契約を2020年10月28日に締結したことをお知らせいたします。

合弁会社では当社が保有するデータベースやPKSHAのアルゴリズム技術など、デジタルを起点とした両社の強みを掛け合わせ、製薬企業や医療機器メーカーなどに対し課題解決およびマーケティング成果の最大化を図るべく、サポートを行ってまいります。

■合弁会社設立の背景・目的

PKSHAは、「アルゴリズムサプライヤー」として自社開発した機械学習/深層学習領域のアルゴリズムを用い、既存のソフトウェアや各種ハードウェア端末向けのソリューションを提供しております。アルゴリズムを軸に近未来のデジタル情報社会に対し価値を創造すべく、様々な企業・サービスと積極的に連携し事業を展開しております。

当社は"Supporting Doctors,Helping Patients."をミッションに、医師12万人(国内医師の3人に1人)が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」を中心に事業を展開し、薬剤や症例相談など、多様なテーマで医師同士が経験・知見を共有する場を提供しております。中でも医師同士で薬剤の処方実感を共有する「薬剤評価掲示板」では、口コミ数が累計60万件以上となるなど全国の医師によるナレッジをデータとして保有しております。

また、当社子会社である株式会社Mediplatがスギ薬局との共同事業として展開する歩数記録アプリ「スギサポwalk」が、100万ダウンロードを突破するとともに、一日あたりのアプリ起動回数が約3回(※)とアクティビティの高いサービスに成長しております。さらに、2020年9月より新たに搭載した「ミッション機能」では、ちょっとしたクイズなどエンターテイメント性の高いコンテンツに加え、生活者の健康増進につながるミッションの提示や、ヘルスケアに関する簡単なリサーチをゲーミフィケーションをベースに展開するなど、生活者のヘルスケアに関するアクションデータを蓄積しております。

昨今、COVID-19の影響で、MRが医師を直接訪問するという従来の営業活動が変容してきております。また、医師、一人一人に快適なコミュニケーションチャンネルの選択やパーソナライズされたコンテンツの提供が求められておりますが、現存のサービスでは十分に対応できていないのが実情です。

この度、新たに設立する合弁会社では、メドピアグループが保有する医師や生活者のデータベースとPKSHAが有する技術力という両社の強みを掛け合わせ、製薬企業や医療機器メーカーなどのより効率的かつ効果的な課題解決やマーケティングを実施可能にすべく、プロダクトの開発や「医師コミュニケーションデータ」と「患者コミュニケーションデータ」双方のデータ解析を基盤としたコンサルティングなどを提供してまいります。

MRのコミュニケーションツールやマーケティング戦略策定のニーズが拡大し、製薬業界などにおいてもデジタルシフトが加速していくことが予想されますが、当社とPKSHA、両社の協力体制のもと、医療関連企業におけるデジタルトランスフォーメーションの牽引と市場の活性化を図ってまいります。

※1日平均起動回数

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0542458_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]