プレスリリース

企業名|産業
JVCケンウッド電機

JVCケンウッド、360°撮影対応ドライブレコーダー「DRV-CW560」を発売

2020/10/27 14:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年10月27日

業界最高(※1)の解像度(2160x2160)&「STARVIS(TM)」センサー搭載で360°高精細に記録を実現

360°撮影対応ドライブレコーダー「DRV-CW560」を発売

~無線LAN機能搭載により、スマホの大画面ですぐに映像確認が可能~

株式会社JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより360°撮影対応ドライブレコーダーの新ラインアップとして「DRV-CW560」を11月下旬より発売します。

本機は、業界最高(※1)の解像度(2160x2160)で前方・後方からのあおり運転や追突、側面からの幅寄せなどの映像を360°高精細に記録が可能です。

高感度「STARVIS(TM)」センサーを搭載し、夜間や暗いシーンを高画質で記録が可能。また、無線LAN機能を搭載し、録画映像をスマートフォンに転送して大きな画面ですぐに確認することができます

※1:2020年11月下旬発売予定、単眼360°ドライブレコーダーの常時録画の記録解像度において(2020年10月27日現在、当社調べ)。

・品名:360°撮影対応ドライブレコーダー

・型番:DRV-CW560

・希望小売価格(税抜き):オープン価格

・(*)市場推定価格(税抜き):33,000円前後

・発売時期:11月下旬

*「市場推定価格」は、発売前の商品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。なお、商品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。

◇参考画像は添付の関連資料を参照

<企画背景と製品の概要>

ドライブレコーダーは、自動車の運転における万が一のトラブルを録画するとともに、ドライバーの身を守るための装備として、さらに必要性が高まっています。また、"あおり運転"などさまざまな危険運転に対する危機感から、ドライブレコーダー市場では、前後だけでなく左右や車室内までカバーする360°対応の撮影に多くの要望が寄せられています。

このニーズに対応し、当社初の360°全方位録画に対応するドライブレコーダーとして「DRV-C750」を発売(2020年8月)し好評を得ていますが、このたびその第二弾として「DRV-CW560」を発売しラインアップを拡充します。

本機は、業界最高(※1)の解像度2160x2160(約466万画素)記録を実現し、360°の広範囲であっても高精細な録画が可能です。また、高感度な「STARVISTM」センサーの搭載により、夜間やトンネルなどの暗いシーンでも高画質に録画できます。

また、無線LAN機能を搭載し、録画中の映像や記録済みの映像をスマートフォンの大きな画面ですぐに確認することが可能。スマートフォンの大きな画面で、画角が異なる5種類のビューモードから選択が可能で、万が一の際にその場でさまざまな角度から必要な映像を確認することができます。さらに、最長約10時間の駐車監視録画(※2)にも対応し、駐車中の状況も長時間にわたって広範囲に監視することが可能です。

※2:駐車監視録画をおこなう場合は、別売りの車載電源ケーブル「JVC CU-BC100」が必要です

◇以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0542348_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0542348_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]