/

ヤマハ、言葉をメロディにのせて会話するコミュニケーションロボット「Charlie」のプロトタイプを公開

企業:ヤマハ
産業:

発表日:2020年10月27日

世界初(※1)、歌って会話する"ペット以上恋人未満"の"うたロボ"

コミュニケーションロボット『Charlie(チャーリー)(TM)』プロトタイプ公開

2021年春の発売を目指し、10月27日(火)よりモニター募集を開始

ヤマハ株式会社は、世界初となる、言葉をメロディにのせて会話するコミュニケーションロボット『Charlie(チャーリー)』のプロトタイプを開発しました。2020年10月27日(火)より公式ウェブサイト( https://charlie.yamaha.com/)で公開します。また、今後モニターなどでさらに開発を進め、2021年春の発売を目指します。

*参考画像は添付の関連資料を参照

今回公開する『Charlie』は、歌でユーザーとコミュニケーションをとる、"うたロボ"です。当社が持つボーカロイド技術(※2)や自動作曲技術等を活用し、ユーザーが話しかけると、ミュージカルのように「おはよう」や「ありがとう」等の言葉はもちろん、普段の相談事や雑談等もメロディにのせて返答します。歌で返答することによって、ユーザーの気持ちをリラックスさせ、心を緩めるようなコミュニケーションができるのが特徴です。こうしたコミュニケーションを通して日常生活の中での「聴く」「演奏する」以外の「音楽との新しい関わり方」を提供します。

『Charlie』には性格があり、ユーザーの問いかけに素直に答えるだけでなく、時には前向きにユーモアを交えたりしながら、自らの意思を持って返答します。また、人が近づくと、『Charlie』から自発的に話しかけることもあります。『Charlie』が発する言葉の内容と、約30種の音楽ジャンルに基づいた曲調は連動しており、例えば明るく楽しい雰囲気の会話ではアップテンポのポップス、のんびりとした会話ではスローテンポのボサノバ調など、言葉と曲調で『Charlie』の感情を表現します。

※1:歌だけでコミュニケーションをとるロボットの意(2020年10月27日現在。当社調べ)

※2:「VOCALOID(ボーカロイド)」および「ボカロ」は、ヤマハ株式会社の登録商標です。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0542330_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0542330_02.pdf

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン