/

NHK放送技術研究所、AIを活用したより流暢で自然な発声を実現する音声合成技術を開発

発表日:2020年10月21日

新たな日本語音声合成システムを開発

~原稿から変換した「仮名文字と韻律記号」をAI学習に用いる~

■NHK放送技術研究所では、AI(人工知能)を活用して、より流暢で自然な発声を実現する新たな音声合成技術(※1)を開発しました。

■これまで日本語の音声合成方式では、「漢字仮名交じり文」をそのまま入力データとしても、漢字に複数の読み方が存在するためAIがうまく学習できないという課題がありました。

■今回の開発では、「漢字仮名交じり文」から「仮名文字と韻律記号(※2)」を自動的に生成し、それを「系列変換モデル(※3)」の入力データとすることで大量のデータを効率的に学習させ、合成音声の品質を向上させることに成功しました。

■また、仮名文字と韻律記号を簡単に編集できるユーザーインターフェースや、口調をニュース調や会話調などに切り替えられる技術も開発し、さまざまな番組の演出要件への対応も可能にしました。

■今回の研究成果は、10月17日にBS1で放送した「ワールドニュース特集」で使用しました。今後も、より自然で使いやすい音声合成を実現する研究を進めます。

※1 NHKの第2世代音声合成システム。NHK「ヨミコの部屋」で使用されてきたNHK第1世代音声合成システムを改善。

※2 韻律記号:アクセントや間などの情報を表す記号

※3 系列変換モデル:読み上げる原稿とその音声を大量かつ効率的にAIに学習させ、原稿を音声に変換するニューラルネットワーク。近年、英語の音声合成で用いられている。

*別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0542141_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン