プレスリリース

フィリップス、傷を防ぎながら鼻毛をカットできる安心保護ガード構造のノーズエチケットカッター3モデルを発売

2020/10/21 12:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年10月21日

フィリップス、傷を防ぎながら鼻毛をカットできる安心保護ガード構造のノーズエチケットカッター3モデルを発売

株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤 浩幸、以下フィリップス)は「2030年までに25億の人々の生活を向上させる」をビジョンに掲げ、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアにいたるヘルスケア・プロセスのすべてにイニシアティブを持ち「もっと健やかな未来へ」をコンセプトとして、すべての人の健康に貢献していきたいと努めております。

このたびフィリップスは、見えづらい鼻の中でも、傷を防ぎながら毛を快適にカットできる安心保護ガード構造を搭載した、ノーズエチケットカッター「NT1650/17」「NT3650/16」「NT5650/16」3モデルを2020年11月上旬より、全国の家電量販店等で順次販売します。

※製品画像は添付の関連資料を参照

18歳以上の男性を対象に調査をしたところ、ハサミや毛抜きで鼻毛処理を実施している方の約4割が、「痛い・怖い」といった不満を抱えていることがわかりました。(1)こうした鼻毛処理での不満に応えるため、フィリップスはノーズエチケットカッターの新製品を販売します。

新製品3モデルともに搭載されている安心保護ガード構造は、刃の周りをトンネルのように囲んでいるため、刃が肌に直接あたりにくく、狭い鼻の中でも肌を傷から守りながら、鼻毛処理が可能です。また、デュアルサイドの精密刃が効率よく鼻毛をキャッチし、すばやく簡単なカットを実現します。

さらに、3モデルのうち「NT3650/16」には眉毛コーム、「NT5650/16」には、眉毛コーム、キワ剃り用ヘッドコームが付属されるため、鼻毛のお手入れだけでなく、眉毛やヒゲ、もみあげのお手入れも可能で、顔周りのムダ毛ケアを一本で済ませることが可能です。

フィリップスは、男性の身だしなみに関するお悩みやニーズに応えるため、今後も多種多様な製品を提供していきます。

1 フィリップス2019年調べ

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0542046_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0542046_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]