プレスリリース

企業名|産業
花王素材・エネルギー

花王、乳幼児アトピー性皮膚炎による皮脂RNA分子の変化を確認

2020/10/16 12:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年10月16日

<皮脂RNAモニタリング技術>

乳幼児のアトピー性皮膚炎で皮脂RNA分子の変化を確認

花王株式会社(社長・澤田道隆)生物科学研究所は、乳幼児アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis:AD)患児から採取した皮脂RNAの解析により、乳幼児ADで特徴的に変化する分子が、皮脂RNAにおいても変化していることを確認しました。また、TARC(thymus and activation-regulated chemokine)(*1)の発現情報から、健常児とAD患児を判別できる可能性を見いだしました。

さらに、あぶら取りフィルム一枚から、皮脂RNAに加えて、皮脂タンパク質を抽出し解析する技術を新たに構築しました。

今回の研究成果は、「JSA/WAO Joint Congress 2020(第69回日本アレルギー学会学術大会)」(2020年9月17日~10月20日、オンライン開催)にて発表しました。

*1 ADの炎症反応を誘導する分子。血液検査においてすでにADの診断・病勢マーカーとして使われている

■背景

乳幼児期に発症するADは、皮膚のあれやかゆみなどにとどまらず、乳幼児期、小児期にみられる食物アレルギーや喘息といったさまざまなアレルギー(アレルギーマーチ)に関連することが知られています。乳幼児ADの発症は、その後の食物アレルギー発症の強いリスク等につながることから、できるだけ早くADの症状を見つけ出し、適切な治療を行なうことが必要です。しかし、ADの診断は、乳幼児期に多発するさまざまな皮疹との見極めが難しく、医師によるAD診断までに長期間の皮膚状態の観察が必要になる場合もあるなど、医師や乳幼児、保護者に大きな負担が生じることが問題となっています。

花王が2019年に報告した皮脂RNAモニタリング技術は、肌を傷つけることなく、顔の皮脂から簡便に皮脂RNA(*2)を採取し、解析できる技術です(*3)。今回は、この技術を用いて、乳幼児ADにおける皮膚の分子変化をとらえることができるか、検証を行ないました。

*2 Skin Surface Lipids-RNA(SSL-RNA)

*3 2019年6月4日ニュースリリース:皮脂中に人のRNAが存在することを発見 独自の解析技術「RNA Monitoring(RNAモニタリング)」を開発

https://www.kao.com/jp/corporate/news/rd/2019/20190604-001/

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541795_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]