プレスリリース

企業名|産業
スズキ自動車

スズキ、小型乗用車「クロスビー」を車線維持支援機能などの安全装備を充実させて発売

2020/10/15 12:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年10月15日

スズキ、小型乗用車「クロスビー」の安全装備を充実して発売

*参考画像は添付の関連資料を参照

スズキ株式会社は、小型乗用車「クロスビー」に車線中央付近の走行維持をサポートする車線維持支援機能をスズキで初めて採用するなど、一部の仕様を変更して2020年10月15日に発売する。

今回の一部仕様変更では、車線維持支援機能を採用したほか、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロール、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートの採用により、スズキセーフティサポートをより充実させた。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」(※1)、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」(※2)に該当する。

また、パーソナルテーブル(後席左右)やシート座面の撥水加工、防汚タイプラゲッジフロア、ステアリングオーディオスイッチなど、使い勝手の良い装備を採用したHYBRID MVを新たに設定した。

●目標台数(月間):2,000台

●メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

 *添付の関連資料を参照

※1 衝突被害軽減(自動)ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車。略称・サポカー)のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、衝突被害軽減(自動)ブレーキ(対歩行者)、ペダル、踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。

※2 安全運転サポート車の普及啓発の一環として、走行中または停止中の車両に対する乗用車の衝突被害軽減(自動)ブレーキが一定の性能を有していることを国土交通省に認定された車。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541717_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541717_02.jpg

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541717_03.jpg

参考画像(4)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541717_04.jpg

参考画像(5)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541717_05.jpg

参考画像(6)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541717_06.jpg

●メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541717_07.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541717_08.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]