プレスリリース

三菱ふそうトラック・バス、三菱ふそうバス製造敷地内に「ウェルカムセンター」を新設

2020/9/30 16:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年9月30日

三菱ふそうバス製造敷地内に「ウェルカムセンター」を新設

~検収レーンとショールームを兼備~

・三菱ふそうバス製造の本社・工場敷地内に、ウェルカムセンターを新設

・5つの検収レーンに加えバスを展示するショールームを併設

・三菱ふそうバス製造は1950年創業から今年で70周年

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、ふそうブランドのバスを製造する三菱ふそうバス製造(本社:富山県富山市、代表取締役社長:藤岡佳一郎、以下 MFBM)が本社・工場の敷地内にバスのショールームと検収レーンを兼備した「ウェルカムセンター」を新設し、9月29日より稼働を始めたことを発表しました。

今回新設した「ウェルカムセンター」は、大型バスを5台同時に検収可能にする5つのレーンに加えて、大型観光バスを2台展示することが可能なショールームを併設しました。5つのレーンは仕切りを可動式にすることで、秘匿性を保ちます。製造したバスをお客様へ納車する前に、お客様と共に車両確認作業を行う検収設備をリニューアルすることにより、より正確な検収作業とお客様満足度の向上を図ります。また、MFBM正面入り口道路に面したガラス張りのショールームには、完成車両を展示することで、ふそうブランドと企業認知度向上を目指します。

MFBMは、1950年にバスを製造する呉羽自動車工業株式会社として操業を始めてから今年で70周年を迎えます。現在では、約700人の従業員が働いており、ふそうブランドの大型観光バス「エアロクィーン」「エアロエース」、大型路線バス「エアロスター」、そして小型バス「ローザ」を製造し、国内外に展開しています。

「最新鋭のウェルカムセンターは、ふそうバス事業の先進的な設備です。大規模な投資を行い、今回の完成につなげたことは、地域のみなさまと従業員、そしてバス事業に対する未来を見据えたコミットメントです」(三菱ふそうバス製造取締役社長、藤岡佳一郎)

「当設備がお客様へのおもてなしの精神を示し、ふそうブランドの多様な製品の優れたショーケースとして機能してくれることを確信しています。MFBMと共に、引き続き優れた製品をお客様にお届けしていきます」(三菱ふそうトラック・バス 代表取締役社長兼ダイムラー・トラック・アジア代表、ハートムット・シック)

※参考画像は添付の関連資料を参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541017_01.JPG

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541017_02.JPG

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541017_03.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]