プレスリリース

企業名|産業
竹中工務店建設・不動産
企業名|産業
三井不動産建設・不動産

三井不動産と竹中工務店、日本橋にて木造賃貸オフィスビル計画検討に着手

2020/9/29 16:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年9月29日

三井不動産と竹中工務店、日本橋にて国内最大・最高層の木造賃貸オフィスビル計画検討に着手

~三井不動産グループが保有する森林の木材を使用し持続可能な社会の実現に貢献~

【本リリースの特徴】

▽現存する木造高層建築物として国内最大・最高層となる、地上17階建・高さ約70m・延床面積約26,000m2。

▽構造材に使用する木材量は国内最大規模の1,000m3超となる見込み。

▽三井不動産グループが北海道に保有する森林の木材を積極的に活用。建築資材の自給自足、森林資源と地域経済の持続可能な好循環の実現を目指す。

▽最先端の耐火・木造技術を導入。主要な構造部材には竹中工務店が開発した耐火集成材の「燃エンウッド(R)」を採用。その他、床・仕上げ等、各所にも木材を積極活用。

▽同規模の一般的な鉄骨造オフィスビルと比較して、建築時のCO2排出約20%削減効果を想定。

三井不動産株式会社(代表取締役社長:菰田正信、以下 三井不動産)と株式会社竹中工務店(代表取締役社長:佐々木正人、以下 竹中工務店)は、東京都中央区日本橋本町一丁目において、木造高層建築物として国内最大・最高層となる賃貸オフィスビル(想定規模:地上17階建、高さ約70m、延床面積約26,000m2)の新築計画の検討に着手しました。今後、詳細の検討を進め、2023年着工・2025年竣工を目指しています。

本計画は、主要な構造部材に耐火集成材(竹中工務店が開発した「燃エンウッド」)など、最先端の耐火・木造技術を導入する予定です。また、木材は三井不動産グループが保有する森林のものをはじめ、国産材を積極的に使用していくことで、建築資材の自給自足および森林資源と地域経済の持続可能な好循環を実現させ、環境に優しくCO2排出の削減にも寄与するプロジェクトを目指してまいります。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540942_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540942_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]