プレスリリース

大和ハウス、横浜市の「ブリヂストン旧横浜工場」跡地において次世代型物流施設「DPL横浜戸塚」を着工

2020/9/28 14:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年9月28日

■柏尾川の桜が見渡せる屋外デッキやカフェテリアを地域住民に開放

周辺環境に配慮した次世代型物流施設「DPL横浜戸塚」着工

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、神奈川県横浜市戸塚区の「株式会社ブリヂストン旧横浜工場」跡地において、次世代型物流施設「DPL 横浜戸塚」(敷地面積:56,373.23m2、延床面積:126,155.78m2)を2020年10月1日より着工します。

*参考画像は添付の関連資料を参照

当社は神奈川県において、マルチテナント型物流施設(※1)「DPL 横浜大黒」(横浜市鶴見区)や「DPL新横浜I(DPL 横浜港北I)」をはじめ、BTS型物流施設(※2)など22棟、総延床面積約1,035,000m2(※3)の物流施設の開発を手掛けてきました。

今回開発する「DPL 横浜戸塚」は、柏尾川の桜が見渡せる敷地内の屋外デッキや、カフェテリアを地域住民に開放するなど、周辺環境に配慮した次世代型物流施設です。また、従業員の働き方改革支援として、従業員専用の保育施設や全館空調設備を設けました。

立地面では、横浜新道「上矢部インターチェンジ」から約4km、横浜横須賀道路「日野インターチェンジ」から約4.5kmで、東名高速道路や首都圏中央連絡自動車道(圏央道)にアクセスしやすく、首都圏から広域には東日本全域や東海地方までアクセスできる場所に位置しています。

※1.テナント企業様が複数入居可能な物流施設のこと。

※2.特定のお客さま専用の物流施設のこと。

※3.2020年9月28日現在。施工中の物件含む。

●ポイント

1.柏尾川遊歩道へつながる屋外デッキやカフェテリアを地域住民に開放

2.テナント企業様の従業員が働きやすい環境

3.ロボットの活用を想定した次世代型物流施設

4.周辺環境に配慮した外観デザイン

5.「横浜スタジアム」約3.6個分の広さを誇る大型マルチテナント型物流施設

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540869_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540869_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]