プレスリリース

企業名|産業
三菱地所建設・不動産

三菱地所、丸の内エリアのスタートアップ・エコシステム形成を加速

2020/9/23 15:56
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年9月23日

丸の内エリアのスタートアップ・エコシステム形成を加速

FinTech拠点「FINOLAB」、支援機能を進化・拡大

三菱地所株式会社は、丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)における2020年以降のまちづくりを「丸の内NEXTステージ」と位置付け、イノベーションが生まれ続けるエコシステムの形成に、まち全体で取り組んでおります。その一環としてFinancial Innovationを生み出すFinTech拠点「The FinTech Center of Tokyo, FINOLAB(以下「FINOLAB」)」において、9月に「FINOLAB FUND」を設立・出資する等、新たな取り組みを推進、同エリアのスタートアップ・エコシステム(※1)形成を加速してまいります。

【FINOLABによるスタートアップ・エコシステム形成を加速する新たな取り組み】

(1)事業成長を資金面からサポート:新設「FINOLAB FUND」に有限責任組合員(※2)として出資

 ・株式会社FINOLAB(※3)(以下「FINOLAB社」)が2020年9月に設立した「FINOLAB FUND」に出資

 ・"共闘する投資。"を理念にスタートアップの事業成長を資金面からサポート

(2)コミュニティ機能の促進:Financial Innovationを生み出すFinTech拠点「FINOLAB」を拡張・リニューアル

 ・多様な入居ニーズに応え、FinTech拠点として一層の集積を図るため、隣接区画に拡張(約80坪)

 ・更なるコミュニティの活性化を図るべく、ラウンジ等共用ゾーンをリニューアル

(3)事業拡大の支援サービスを提供:バックオフィスのシェアリングサービス「SUBPOSI」の展開・推進

 ・FINOLAB社より、丸の内エリア内のスタートアップ企業を中心に2020年6月に提供開始

 ・入居企業がコアビジネスに集中できるようファイナンス・動画制作・マーケティング・ITの観点でサポート

当社はこれまで、株式会社電通国際情報サービスおよび関係各社とともに、2016年2月に日本初のFinTech拠点として「FINOLAB」を開設して以降、同拠点を通じて大手町において日本のFinTechの成長を牽引してまいりました。日本のFinTechやスタートアップ企業が更なる進化を遂げていく中、今後「FINOLAB」には、より広範な関係者を巻き込み、スタートアップの事業拡大を加速させるアクセラレーターとしての役割を強化・発揮していくことが期待されています。

今回の取り組みを通して、当社は丸の内エリアのスタートアップ・エコシステムを進化させるためのインフラを一層拡充し、「スタートアップ企業×大企業の協業・共創のまち」として、スタートアップ企業・大企業双方にとって魅力ある機会に溢れるまちを目指していきます。

*参考画像は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540685_01.JPG

添付リリース(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540685_02.pdf

添付リリース(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540685_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]