プレスリリース

アクティオ、新生事業承継とワールド開発工業の全株式取得に関する株式譲渡契約を締結

2020/9/17 14:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年9月17日

ワールド開発工業株式会社の全株式取得に関する株式譲渡契約の締結について

~事業承継を目的とした新生事業承継株式会社との共同投資~

総合建設機械レンタルの株式会社アクティオ(東京都中央区日本橋、代表取締役会長兼CEO 小沼光雄、以下「アクティオ」)は、株式会社新生銀行(東京都中央区、代表取締役社長 工藤英之)の事業承継支援を目的とする投資専門子会社である、新生事業承継株式会社(東京都中央区、代表取締役 塚越公志、以下「新生事業承継」)と、同社の第1号投資案件として、ワールド開発工業株式会社(長野県長野市、代表取締役社長 原田七朗、以下「WKK」)の創業者が保有する同社発行済み株式の全部を共同で譲り受けることについて、2020年9月14日付で株式譲渡契約を締結いたしました。

WKKは、創業以来50年以上にわたり、日本国内はもとより、アジア・アフリカ・大洋州など世界20カ国以上でODA案件を主とする道路工事業を展開してきました。優れた技術力とアジアトップクラスの重機保有台数を背景に、様々な現場環境において機動的な対応を行うことで、業容を拡大しています。今後、日本国内においても社会インフラの老朽化は喫緊の課題であり、道路の維持修繕工事に対する需要は一層高まることが見込まれます。

WKKでは、創業者の後継者候補の育成を長年の経営課題としていました。このたび、アクティオが建設機械レンタル事業で培ったノウハウをもとに事業面でのサポートを行い、新生事業承継が組織的経営体制への移行を支援することで、WKKの円滑な事業継承を遂行できると判断し、本契約締結と至りました。今後は、新生事業承継とアクティオが共同で、WKKの更なる企業価値向上を図っていきます。

今回の株式取得により、アクティオの建設機械レンタルの領域と、WKKの道路工事領域において、両社のシナジー効果を最大限に高めることで、より一層の成長拡大を図っていきます。

アクティオは日本全国に営業・整備拠点を有しており、高い整備力とネットワーク力をWKKに対しても提供していきます。これにより従来から定評のある、WKKが有する、切削オーバーレイを始めとする専門施工技術を安全に広くお客様に活用していただくことが可能になります。

またその施工工程で必要となる多種にわたる資機材を、適宜アクティオから提供することで、今まで以上に迅速かつ的確なサービスが可能になります。

アクティオは今後も長年にわたる建設機械レンタル業で実践してきた「レンサルティング」のノウハウを様々な業界へ広げて活用し、建設業界を始めとするお客様のさまざまな課題を解決する事業展開を行っていきます。

【アクティオ公式サイト】 https://www.aktio.co.jp/

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540514_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]