プレスリリース

企業名|産業
三井不動産建設・不動産

三井不動産、グローバル・ブレインと「31VENTURES Global Innovation Fund 2号」を設立

2020/9/16 16:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年9月16日

「31VENTURES Global Innovation Fund 2号」を85億円で設立

スタートアップ投資事業は合計435億円

Real Estate as a Service、DX、スマートシティの実現と新たなビジネス発掘を目指す

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)は、本業強化・事業領域拡大を目的とする総額85億円のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンド「31VENTURES Global Innovation Fund 2号(以下、CVC2号)」を独立系ベンチャーキャピタル最大手のグローバル・ブレイン株式会社(所在:東京都渋谷区、代表取締役社長 百合本安彦)と共同で設立いたしました。

○本リリースのポイント

・2015年に設立したCVC1号の後継として、85億円規模のCVC2号を設立しました。

・Real Estate as a Service、デジタルトランスフォーメーション、スマートシティの強化に加え、既存の事業領域と異なるビジネス創出を目指します。

・CVC1号・2号とグロース事業の合計は435億円規模となり、事業会社のスタートアップ投資事業としては国内最大級の規模となります。

三井不動産 ベンチャー共創事業部「31VENTURES(サンイチベンチャーズ)」では、当社の本業強化、および事業領域の拡大を目指し、2015年に設立した「31VENTURES Global Innovation Fund 1号(以下、CVC1号)」(総額50億円)を通して、アーリー期からレイタ―期の国内外のスタートアップ、約40社への投資をおこなってきました。この度、CVC1号の後継として運用額85億円に増額したCVC2号を設立しました。

CVC2号の投資先は、Real Estate as a Service、デジタルトランスフォーメーション、スマートシティの領域を強化するスタートアップに加えて、当社の既存の事業領域と異なる新たなビジネスを生み出すスタートアップを中心に検討していきます。投資の重点領域は、当社の事業領域の拡大を見据え、モビリティ(MaaS、自動運転、フリートマネージメントなど)、宇宙、食品(フードテック)、農業(アグリテック)、エンターテインメントなどを新たに加えた15領域(次ページ参照)を対象としています。またファンド規模は85億円に増額していますが、既存投資先への追加出資なども検討し、これまで以上に1社毎の事業連携を強く進めていく予定です。

CVC2号(85億円)の設立により、2015年設立のCVC1号(50億円)、および2018年設立のグロースステージのスタートアップを投資対象とするグロースI事業(300億円)を合わせて総額435億円規模と、事業会社のスタートアップ投資事業としては国内最大級の規模となります。31VENTURESでは今後も、スタートアップとの共創による新産業の創造にさらに力を入れて取り組んでいきます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540452_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]