プレスリリース

野村総研、保険会社以外の企業が少額短期保険を開発・提供するためのパッケージ「InsDirect/MP」を提供開始

2020/9/16 14:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年9月16日

野村総合研究所、非金融事業者向けのミニ保険提供パッケージ「InsDirect/MP」を提供開始

~日常のさまざまな心配事やリスクに対応した、ミニ保険の開発・提供を支援~

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、保険会社以外の企業(以下、「非金融事業者」)が少額短期保険(ミニ保険)を開発・提供するためのパッケージ「InsDirect/MP」(インスダイレクト・エムピー、以下、「本パッケージ」)を、9月16日から提供開始しました。

近年、デジタル化の進展により個人の行動や嗜好を把握しやすくなったことから、個人ごとのリスクの度合いやニーズに応じて、必要なタイミング、必要な分だけ保障・補償を受けることが可能になってきています。例えば、従来引き受けができなかったリスクに対応した保険商品や、一人ひとりが健康増進や安全運転を行う努力の度合いに応じて保険料が増減する保険商品、さらには携帯電話や家電を購入する際に保証期間を延長するサービスなど、各種のミニ保険が登場しています。

それらのミニ保険は、小売業やプラットフォーマーと呼ばれる企業など、コト・モノのサービスを担っている非金融事業者が提供者となりはじめています。従来は、保険会社から保険商品の供給を受ける方式が主でしたが、近年は本業との相乗効果をより高めるため、自ら少額短期保険業者として参入する事業者が増えています。

本パッケージは、上記のようなミニ保険の開発・提供を支援するもので、主に以下のような特長を備えています。なお、既存の保険会社・共済・少額短期保険会社が、同様なミニ保険商品を提供する際にも利用が可能です。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540430_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]