プレスリリース

タニタ、活動量計の中核技術「タニタアルゴリズム」の外部提供を本格開始

2020/9/14 12:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年9月14日

活動量計の中核技術「タニタアルゴリズム」の外部提供を本格開始

第1号案件として人気ゲームアプリ「ドラゴンクエストウォーク」に搭載

健康総合企業の株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、社長・谷田千里)は、タニタが蓄積してきた活動量計の中核技術である「タニタアルゴリズム」の外部提供を本格展開します。本アルゴリズムを歩数や消費エネルギー量を表示する機器およびアプリケーションに組み込むことで精度の高い計測結果を得ることができるため、スマートフォンなどで付加価値の高い商品やサービスの開発に生かすことが可能になります。その第1号案件として、株式会社スクウェア・エニックス(東京都新宿区新宿6-27-30、代表取締役社長・松田洋祐)が提供するスマートフォン向け位置情報ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストウォーク(※1)』に9月12日から搭載されています。

スマートフォンやウエアラブル端末などさまざまなITデバイスが普及する中、これらの機器において健康領域への対応ニーズが高まっています。タニタは2009年4月に活動量計「カロリズム」を発売。以来、活動量(※2)計測のパイオニアとして、さまざまな商品をラインアップしてきました。活動量計は、内蔵した3D(3軸加速度)センサーで計測したからだの動きに加え、性別、年齢、身長、体脂肪率などの生体情報から統計学的な分析を行い、消費エネルギー量などを推定しています。この分析を行う計算式がアルゴリズムです。タニタの活動量計アルゴリズムは、消費エネルギー量計測のゴールドスタンダードとなっているヒューマンカロリメーターと呼気ガス分析装置によるデータ収集による実験を行い、その結果を基に開発。これにより両装置と高い相関を実現しています。

本アルゴリズムを搭載することにより、さまざまなデバイスやサービスにおいて高精度で信頼性の高い活動量値を表示できるようになります。現在、多様な健康領域のスマートフォンアプリがありますが、スマートフォンに標準搭載されている基本アプリで計測した歩数を使用するもの、スマートフォン内の加速度センサーなどの情報から歩数を導き出すものなど、歩数や消費エネルギー量などの算出方法はさまざまです。タニタでは、新たに健康領域に取り組む事業者はもちろん、既に歩数や活動量を活用したビジネスを展開しており、より精度の高い計測結果を求める事業者に向け、ニーズに応じて、分析のベースにするパラメーターや用途に合わせてカスタマイズした「タニタアルゴリズム」を提供していきます。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540274_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]