プレスリリース

YKK AP、戸建性能向上リノベーション実証プロジェクト「静岡 富士の家」が竣工

2020/9/11 17:31
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年9月11日

築45年の中古住宅をエコフィールド(富士市)と共働し安心・快適な住まいに再生

戸建性能向上リノベーション実証プロジェクト『静岡 富士の家』

~大地震への備えと快適な暮らし!「耐震」も「断熱」も4倍以上の性能へリノベーション~

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、エコで健康志向の家づくりを推進するエコフィールド株式会社(本社:静岡県富士市、社長:強矢 到)と共働し、中古戸建住宅の性能向上リノベーションを実証するプロジェクト(※1)の中部地方初物件として、『静岡 富士の家』に取り組み、この度、竣工の運びとなりました。

*参考画像は添付の関連資料を参照

静岡県富士市内に建つ築45年の木造住宅を、「断熱」と「耐震」の性能向上にこだわり、現在一般的な新築住宅の性能(※2)を上回るレベルへとリノベーションしました。

断熱性能には、住まいの中で熱の流出入が最も多い「窓」の選択が重要です。本物件では、YKK APで最も断熱性能の高い高性能トリプルガラス樹脂窓「APW(エーピーダブリユー)430」へ入れ替えたことなどで、住宅の断熱性能が改修前の約4倍に向上(UA値:改修前1.94W/(m2・K)⇒改修後0.43W/(m2・K))(※3)し、北海道並みの断熱レベルを実現。冬の室内での体感温度が概ね13℃を下回らないHEAT20 G2相当(※4)の健康で快適な居住空間により、冬場のヒートショックリスクを軽減し、年間冷暖房費も3割以上削減可能(※5)な高い省エネ性能を有しています。

耐震性能向上では、YKK APの開口部耐震商品「FRAMEII(フレーム ツー)」を採用。窓の数や面積を減らさずに開口部の耐力壁量を増やしたことなどで、震度6強の地震でも倒壊しない耐震等級3相当の強度まで高め(上部構造評点:改修前0.35[倒壊する可能性がある]⇒改修後1.68[倒壊しない])(※6)、安心の住まいに生まれ変わっています。また、当プロジェクトとしては初の取り組みである『動的耐震診断』を実施し、より詳細な耐震性能を確認しております。(※7)

本物件は、両社のコンセプトモデルハウスとして事業者や一般向けに一定期間公開し、安全・安心で健康・快適な住生活をおくることができる「性能向上リノベーション」のノウハウ提供や、地域への情報発信に活用します。

SDGs(※8)の観点からも、住まいの選択肢として、新築や建て替えではない、リフォームやリノベーションの重要性が指摘されています。また、日本のストック住宅市場の流通活性化と、そのベースとなる住宅の断熱化や耐震化も強く求められる中、本取り組みを通じて、良質なストック住宅の普及に貢献していきます。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540260_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540260_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]