/

九州電力送配電と福岡市、「ビーコン技術を活用した認知症の方の外出見守り・支援実証事業」を実施

発表日:2020年9月8日

認知症フレンドリーシティ・プロジェクト

ビーコン技術を活用した認知症の方の外出見守り・支援実証事業の実施について

福岡市と九州電力送配電株式会社(福岡市中央区渡辺通)は,人生100年時代を見据えた持続可能なまちをつくるプロジェクト『福岡100』の新たな取組みとして,「ビーコン技術(※1)を活用した認知症の方の外出見守り・支援実証事業」を11月1日から実施します。

本市では,令和元年度より「IoTを活用した子ども見守り事業」を開始し,ビーコンの電波を受信できる基地局などを市内全域に構築中です。この度,今後大幅な増加が見込まれる認知症の方の見守り・支援を目的として,本システムを活用した実証事業を実施します。本事業を通じて,認知症の人が住み慣れた地域で暮らし続けることができる環境づくりにつなげてまいります。

■見守りシステムの仕組み

(1)認知症の方(見守り対象者)が携帯するビーコン端末(見守り端末)が,ビーコン信号を発信

(2)地域に整備した見守りポイントが,見守り端末のビーコン信号を受信

(3)見守りポイントで検知した高齢者の位置情報を高齢者施設の職員やご家族に提供(※2)

*参考資料は添付の関連資料を参照

固定ポイントは約1600箇所に設置済みであり(R2.7.18時点),令和2年度末までに市内約3千か所への設置を予定しています。施設や企業などが,見守り基地局を設置したり,ご家族・施設職員・地域の方が「見守り人」アプリをダウンロードしたりすることで見守りポイントが増え,社会全体での見守りのネットワークが強化されます。

※1:ビーコンとは基地局等との通信により位置を特定する技術で,GPSとは異なり,常時位置情報を記録するものではありません。

 見守りポイントの近く(30~50m)を通過した際にのみ,位置情報が記録されます。

※2:現在位置ではなく,最後に通過した見守りポイントの位置情報が表示されます(履歴も閲覧できます)。

 よって,現在位置を把握するものではなく,見守りポイントでの位置記録をもとに,どのような行動をしているのか,どちらの方向に向かっているのか,などを推測し,行方不明者等の早期発見の一助とするものです。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540050_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540050_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン