/

クリエイティブジャパンと電通大、「CLIP新型コロナ感染症予防支援システム」を開発し実証実験を開始

発表日:2020年8月26日

クリエイティブジャパン、電気通信大学との産学共同研究で「三密」解決!

最適な空間人数と換気を支援する「CLIP新型コロナ感染症予防支援システム」

~CO2濃度を測ることで密集度と換気状況の見える化を実現するシステム~

ネットワーク&セキュリティ分野における高い信頼性を持つITプラットフォームを構築し、社会に貢献するイノベーション企業である株式会社クリエイティブジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:熊澤修一、以下クリエイティブジャパン)は、国立大学法人電気通信大学(東京都調布市、学長:田野俊一、以下電気通信大学)と、「超スマート社会のためのIoTシステムに関する研究」をテーマに共同研究を始める中で、電気通信大学大学院情報学専攻の橋山智訓教授の研究室とともに進めておりました研究の第一弾としまして、「新型コロナウイルス感染症予防の研究」による換気指標として、呼気に含まれるCO2(二酸化炭素)の濃度およびその測定値を基に、室内の人数変動の把握をリアルタイムに行うことができる密集度測定に関する産学共同研究を開始しました。具体的なシステムとして、クリエイティブジャパンが持つネットワーク・クラウド技術を活かしたIoTデバイスへCO2センサを内蔵し、新型コロナウイルス感染症対策に最適な換気を支援するシステム「CLIP新型コロナ感染症予防支援システム」を開発し、そのシステムにおける実証実験を電気通信大学とともに開始しました。電気通信大学が推進する「スーパーサスティナブルプラットフォーム」(※1)との連携を視野に入れて開発を進めています。

このシステムの価格は、IoTデバイス10台(1台で10m2~200m2の室内での測定が可能)とWebシステムで49万8,000円(税別)~。売り上げ目標として3年で3億円(税別)をめざしています。具体的なサービス提供は10月1日を予定しています。

 ※1)スーパーサスティナブルプラットフォーム:電気通信大学が推進するオープンIoTプラットフォームの名称。

■新型コロナウイルス感染症対策としての「換気指標」の研究

電気通信大学とクリエイティブジャパンは、現在も感染の拡大が脅威となっています新型コロナウイルスの感染症対策として「三密」(密閉・密集・密接)における「換気指標」に関する共同研究を行いました。現在、コロナウイルス感染症対策としての換気指標として具体的な指針は出されておらず、ソーシャルディスタンスにおける2mといった定量があり、「十分な換気のもと」といった認知はあるものの、換気の目安や方法、時間に関する明確な数値が示されていません。

そこで、それらに関する数値も明らかにするべく「換気指標」となるよう、呼気に含まれるCO2(二酸化炭素)に着目することで、より具体的な指標を示せるのではないかと考えました。その上で、新型コロナ対策のシステム化をめざしました。

このような経緯から、電気通信大学とクリエイティブジャパンの共同研究の第一弾として、「コロナ感染症対策に最適な空間人数と換気を支援するシステム」への研究が始まり、電気通信大学の研究室(電気通信大学大学院情報学専攻の橋山智訓教授の研究室)での学生・院生による実証実験が開始されました。

*グラフ資料は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0539418_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0539418_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン