プレスリリース

東大・富山高等専門学校・筑波大など、高製造プロセス適性を持つ高性能有機半導体を開発

2020/8/20 13:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年8月20日

特異な構造相転移挙動を活用した高い製造プロセス適性を持つ高性能な有機半導体を開発

1.発表者:

岡本 敏宏(東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻 准教授/科学技術振興機構(JST)さきがけ研究者 兼務/産業技術総合研究所 産総研・東大 先端オペランド計測技術オープンイノベーションラボラトリ 客員研究員 兼務)

三谷 真人(東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻 特任助教)

山岸 正和(富山高等専門学校物質化学工学科 講師)

石井 宏幸(筑波大学数理物質系 助教)

渡辺 豪(北里大学理学部物理学科 講師)

橋爪 大輔(理化学研究所創発物性科学研究センター物質評価支援チーム チームリーダー)

矢野 将文(関西大学化学生命工学部 准教授)

杉本 邦久(高輝度光科学研究センター 回折・散乱推進室 主幹研究員)

加藤 隆史(東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 教授)

竹谷 純一(東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻 教授/マテリアルイノベーション研究センター(MIRC)特任教授 兼務/産業技術総合研究所 産総研・東大 先端オペランド計測技術オープンイノベーションラボラトリ 客員研究員 兼務/物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(WPI-MANA)MANA 主任研究者(クロスアポイントメント))

2.発表のポイント:

◆高い溶解性を示す結晶相と高い半導体性能を示す結晶相の特異な相転移挙動を活かした製造プロセス適性が高く高性能の有機半導体C10-DNS-VWを開発しました。

◆近未来のIoT(注1)社会のキーデバイスである安価な電子タグやマルチセンサーの実用化を大幅に加速させることが期待されます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0539058_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]