/

矢野経済研究所、2020年 車載用リチウムイオン電池世界市場の調査結果を発表

発表日:2020年8月17日

中国での補助金減少の影響を受けて、2019年のxEV世界生産台数は前年比118.8%の682万1千台と成長は鈍化

~2020年は新型コロナウイルスの影響により、xEV世界生産台数は減少に転じる見込(市場ベース予測)~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2020年の車載用リチウムイオン電池世界市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。ここでは、車載用LiB生産の前提となる、世界のxEV生産台数推移・予測について公表する。

※表資料は添付の関連資料を参照

1.市場概況

2019年の世界xEV(次世代車)市場はメーカー生産数量ベースで前年比118.8%、682.1万台と推計した。内訳をみると、ハイブリッド車(以下、HEV)が428.7万台(同128.6%)、電気自動車(以下、EV)は195.8万台(同113.2%)、プラグインハイブリッド車(以下、PHEV)が57.6万台(同84.9%)であった。

欧州を中心にHEV(Mild HEV、Strong HEV)が高い伸びを示し、EVではTeslaモデル3等を中心に中容量(パック容量40kWh~69kWh程度)EVが大きな成長を見せている。

一方で、PHEV、低容量(パック容量5kWh~39kWh程度)EVは前年割れに転じている。特に中国では、Aセグメント領域の低容量EV、PHEV、そしてバスを中心とした商用EVを中心に拡大し、これまでxEV市場を牽引してきたが、補助金条件の変更等を背景に需要は伸び悩んでいる。高容量(パック容量70Kwh以上)EVに関しては、同セグメントのメインプレーヤーであったTeslaが中容量領域であるモデル3へ軸足を移したこと、また各国で補助金の恩恵を受けていた高価格帯のEVの需要が減少したことが前年割れの主要因であると考える。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0538960_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0538960_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン