プレスリリース

アドビ、Googleと連携しファイル作成・変換・圧縮・サイン・デザイン用のショートカット「.new」を提供開始

2020/8/6 10:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年8月5日

アドビ、Googleと連携し、ファイル作成・変換・圧縮・サイン・デザイン用のショートカット「.new」を提供開始

この複雑な世界で、仕事は効率的に済ませたいものです。シンプル、かつパワフルに。これを実現するために、アドビは、Googleと連携し、Adobe Acrobat( https://acrobat.adobe.com/jp/ja/acrobat/features.html )やAdobe Spark( https://spark.adobe.com/ja-JP/sp/ )用のショートカット「.new」を提供開始しました。

これにより、どなたでもブラウザにドキュメントをドラッグ&ドロップするだけで、高品質でプロが作ったようなPDFに自動で変換されます。具体的には、「PDF.new」( https://pdf.new/ )と入力するだけで、Microsoft Officeファイルや画像ファイルから、Adobe Acrobat PDFを簡単に作成することができます。「Sign.new」( https://sign.new/ )と入力すれば、記入、サイン、保存、送信ができるPDFフォームも作れます。ペンや紙、プリンタがなくても問題ありません。「JPGtoPDF.new」( https://jpgtopdf.new/ )と入力するだけでJPGからPDFへの変換が可能です。サイズの大きいPDFファイルを管理しやすくする方法もあります。「CompressPDF.new」( https://compresspdf.new/ )と入力すれば、サイズを縮小し、ファイルの送信や共有を容易にします。

また、ブラウザに「Create.new」( https://create.new/ )と入力するだけでAdobe Spark PostのSNSで注目を集めるメディアコンテンツを簡単にPDF化できます。一瞬でSparkが立ち上がり、クリエイティブな可能性が広がります。選べるデザインテンプレートは、数千種類。使える画像、アイコン、ステッカーは、数百万種類。自前のロゴを使って、カラーやフォントも好きなものを選びましょう。個人で使うのでも、ブランドやプロジェクト、デジタルチームで使うのでも、Sparkを使えば、すぐにフィードを盛り上げることができるでしょう。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0538668_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]