プレスリリース

企業名|産業
タカラバイオ医薬・医療

タカラバイオ、米子会社がゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」に関するカリフォルニア大学らの特許ライセンスを取得

2020/7/31 16:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年7月31日

ゲノム編集技術CRISPR/Cas9に関するカリフォルニア大学らの特許ライセンスを取得

タカラバイオ株式会社の子会社であるTakara Bio USA,Inc.(米国カリフォルニア州マウンテンビュー)は、カリフォルニア大学バークレー校、ウィーン大学及びヴィリニュス大学が保有するゲノム編集技術CRISPR/Cas9(注1)特許群の研究分野における全世界の通常実施権を、Caribou Biosciences,Inc.(米国カリフォルニア州バークレー)(注2)を通じ取得しました。これにより、当社グループ全社で同特許群の通常実施が可能となりました。

ゲノム編集は目的とする遺伝子を破壊、導入する遺伝子改変技術の一種で、基礎研究から医療、農業、畜産業、漁業などの産業分野まで広く利用が進みつつあります。なかでも、CRISPR/Cas9によるゲノム編集技術は、他のゲノム編集技術に比べて操作性・効率性に優れ、特に普及しています。

当社グループは、2014年にブロード研究所(米国マサチューセッツ州ケンブリッジ)が保有するCRISPR/Cas9特許群の通常実施権を得ています。今回のカリフォルニア大学らの特許ライセンスにより、ゲノム編集技術を利用する、より広範な研究用試薬、サービスの提供が可能となりました。当社は今後とも、ゲノム編集技術関連の研究用試薬、サービスの提供の拡充に努めてまいります。

【関連するニュースリリース】

「米国ブロード研究所よりゲノム編集に関する特許ライセンスを取得」

 (2014年2月17日)

https://ir.takara-bio.co.jp/ja/news_all/news_Release/news_Release-800817769581695304.html

【語句説明】

(注1)CRISPR/Cas9

RNAとタンパク質の複合体からなる人工的に作製されたDNA分解酵素を用いるゲノム編集技術の一種です。簡便な操作でゲノム編集が高精度に行えることから利用が進んでいます。

(注2)Caribou Biosciences,Inc.

 カリフォルニア大学らのグループが保有するゲノム編集技術に関する特許群を、大学らに代わり、企業等にライセンスする事業を行っています。

 ホームページ:URL: https://cariboubio.com/

・当資料取り扱い上の注意点

資料中の当社の現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点において入手可能な情報から得られた当社経営陣の判断に基づくものですが、重大なリスクや不確実性を含んでいる情報から得られた多くの仮定および考えに基づきなされたものであります。実際の業績は、さまざまな要素によりこれら予測とは大きく異なる結果となり得ることをご承知おきください。実際の業績に影響を与える要素には、経済情勢、特に消費動向、為替レートの変動、法律・行政制度の変化、競合会社の価格・製品戦略による圧力、当社の既存製品および新製品の販売力の低下、生産中断、当社の知的所有権に対する侵害、急速な技術革新、重大な訴訟における不利な判決等がありますが、業績に影響を与える要素はこれらに限定されるものではありません。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]