/

ヤフー、10月1日より新しい働き方へと移行-無制限リモートワークや副業人材の募集開始など

発表日:2020年7月15日

ヤフー、"無制限リモートワーク"で新しい働き方へ

~副業人材の募集も開始。第一弾は事業プランアドバイザー100名など~

ヤフー株式会社(以下、ヤフー)は、2020年10月1日より、時間と場所に捉われない新しい働き方へと移行します。

新しい働き方では、リモートワークの回数制限およびフレックスタイム勤務のコアタイムを廃止します。また、より柔軟な働き方を目指し、本日より副業先としての受け入れ(ヤフー以外で本業に従事する方の受け入れ)を約100名開始します。

■実施の背景と狙い:

ヤフーでは、2013年にオフィス以外の好きな場所で働ける「どこでもオフィス」というリモートワークの制度を設けました。また、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、2020年2月より段階的に、月5回を上限としていたリモートワークの制限を解除し原則在宅勤務の導入、および社内外における会議や採用活動、社内研修などの全てをオンラインで実施するなど、従業員や関係者の安全を最優先とする取り組みを行ってきました。その結果、現在でも95%の従業員が在宅勤務で業務に従事(※1)するとともに、92.6%の従業員がリモート環境でもパフォーマンスへの影響がなかった、もしくは向上した、と回答しています。また「生産性高く働くために必要なオフィス出社日数」は週1~2回と答えた割合が最も多く、次いで週0回となりました。

こうした状況を受け、より生産性高く、創造性を発揮できることを目的に新しい働き方への移行を行います。

さらに、社会の新常態(ニューノーマル)を見据えた「オープンイノベーションの創出」を目的に、ヤフー以外で本業に従事する方の副業先としての受け入れを開始します。ヤフーを副業先として、当社に参画いただくことで、従来では交わる機会が得られなかった人材とともに、新たな事業やサービスにつながるイノベーションの創出を目指します。

※1:個人情報などを扱う高度セキュリティレベルの業務はオフィスにて実施

■本施策の概要:

<概要>

(1)リモートワーク(※2)の回数制限を解除(※3)

(2)フレックスタイム勤務のコアタイムを廃止(※3)

(3)最大月7,000円の補助(どこでもオフィス手当4,000円+通信費補助3,000円)(※4)

(4)通勤定期券代の支給停止(通勤交通費は実費支給)

(5)副業人材の募集(ヤフー以外で本業に従事する方の受け入れ)

<対象>

全国の正社員、契約社員、嘱託社員 全7,104名

※2:働く場所は自宅の他にも個人の創造性が発揮される場所とし、制限は設けません

※3:(1)(2)については、担当業務により一部社員が対象外となりま

※4:従来の通信費補助に新たな補助を足した合計

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537754_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン