/

双日、トクヤマ・ナノミストテクノロジーズと共同でカーボンリサイクル研究開発事業を開始

企業:双日

発表日:2020年7月14日

双日、トクヤマとナノミストテクノロジーズと共同で、カーボンリサイクル研究開発事業を開始

~CO2リサイクルの社会実装に向けた挑戦~

双日株式会社(以下「双日」)は、このたび、株式会社トクヤマ(以下「トクヤマ」)と、ナノミストテクノロジーズ株式会社(以下「ナノミストテクノロジーズ」)と共に、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)より、カーボンリサイクルの技術開発・普及を目的とした委託事業「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2排出削減・有効利用実用化技術開発/炭酸塩、コンクリート製品・コンクリート構造物へのCO2利用技術開発」に関する事業採択の通知を受けました。

本事業は、2022年度までの約3カ年で、経済産業省より発表された「カーボンリサイクル技術ロードマップ」(※1)にて技術課題とされている、CO2の分離・回収の低コスト化、および再利用の実現を目的としています。現在、炭酸塩(ソーダ灰)の製造プロセスには、石灰石焼成由来のCO2を原料としていますが、今回、石炭火力発電所の燃焼排ガス中のCO2を、技術開発した微細ミスト(※2)にて吸収し、炭酸塩の原料に置き換えることで、CO2の排出削減の実現を目指します。

双日は、本事業を通じ、カーボンリサイクルの早期社会実装の実現と、日本発の新技術による、各国の抱える社会課題の解決に挑戦します。

双日グループは、今後とも、グローバル企業として、地球環境問題を経営上の重要な課題の一つとして認識し、持続可能な社会の実現に向け、事業活動において環境保全および汚染の予防に取り組むとともに、環境性能の高い競争力ある事業を推進します。

<各社の役割>

・双日:幹事業務、事業性評価、LCA評価。

・トクヤマ:CO2放散技術の開発、エンジニアリング業務。

・ナノミストテクノロジーズ:微細ミストによるCO2吸収技術の開発。

・3社共同:概念設計の策定、CO2吸収材の開発。

※1)2019年6月に発行。2030年をターゲットにCO2分離回収技術の低コスト化(1,000円~2,000円台/t-CO2)を技術課題としています。

※2)ナノミストテクノロジーズが独自に開発した、超音波などを用いて水溶液を粒径5マイクロメートル程度以下の霧状にしたもの。水溶液を微細ミストとすることで、CO2と接触する表面積を大きくし、吸収効率を向上させ、低コスト化を見込みます。

以上

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537698_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン