/

東大と大日本印刷、薄型で伸縮自在なフルカラーのスキンディスプレイの製造に成功成功

発表日:2020年7月13日

東京大学 大日本印刷スキンディスプレイのフルカラー化に成功

―薄型で伸縮自在な電子回路基板の実用化に目途―

国立大学法人東京大学(総長:五神真)の染谷隆夫博士(大学院工学系研究科長・教授)の研究チームと大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、独自の伸縮性ハイブリッド電子実装技術(用語1)を進化させ、薄型で伸縮自在なフルカラーのスキンディスプレイ(用語2)と駆動・通信回路及び電源を一体化した表示デバイスの製造に成功しました(写真1、2)。この装置は、皮膚上に貼り付けたディスプレイに外部から送られた画像メッセージを表示できるコミュニケーションシステムです。

※写真1・2は添付の関連資料を参照

【開発の背景】

ウィズコロナ/アフターコロナの社会では、距離を隔てた状況でのコミュニケーションのあり方が重要になります。直接会えない、触れられない状況では、顔色の変化から察するなど、非言語コミュニケーションの要素が欠落します。つまり対面で無意識に行っていたこれらの情報処理を補う手段がこれからの社会では求められるのです。相手を身近に感じる効果を期待し、体表に近いところで情報を見たり、センシングしたりできる技術として、スキンセンサーやスキンディスプレイの開発が進められています。

【研究のポイント】

■曲面形状に追従できる伸縮性ハイブリッド電子実装技術で使用できる部品の選択肢が広がり、実用化に目途がつきました。この実証として、皮膚に貼って用いるスキンディスプレイの表現力を高めるフルカラー化に成功しました。

■フルカラースキンディスプレイの配線の信頼性を向上し、駆動・通信回路や電源も一体化しました。さまざまなものに簡易に貼り付けることができるようになりました。

■情報を表示・取得するデバイスの形が変わり、伝達される情報の質も変わります。遠隔コミュニケーションでの感情伝達を補う効果を期待してスキンディスプレイを開発しました。今までにない姿の応援メッセージを送るなど、情報伝達において利便性を発揮できます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

写真1・2

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537550_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537550_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン