/

ダイドードリンコとNEC、顔認証で購入できる「顔認証決済自販機」の実証実験を開始

企業:NEC
産業:

発表日:2020年7月6日

日本初!自動販売機で"手ぶら"購入が可能に 自動販売機での顔認証決済サービスの実証実験を開始

NECの顔認証技術を活用

ダイドードリンコ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役:高松 富也、以下 ダイドードリンコ)は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長兼CEO:新野 隆、以下NEC)の顔認証技術を活用して、日本初となる自動販売機(以下、自販機)で顔認証による購入が可能となる「顔認証決済自販機」の実証実験を7月3日(金)より開始いたしました。

*参考画像は添付の関連資料を参照

昨今、人々の価値観や行動様式、また働き方が大きく変容する中、自販機も時代に合わせて進化していく必要があるとダイドードリンコでは考えています。

今回、NECの顔認証技術を活用して日本で初めて自販機に顔認証決済サービスを導入し、"手ぶら"で飲料を購入できる仕組みを実現。顔認証決済サービスによる飲料購入が可能になることで、オフィスや工場等において財布やスマートフォン等を持ち歩かずに済む「便利」さや「快適な環境」が実現できると期待しています。

ダイドードリンコでは、国内飲料事業における売上の8割以上を自販機チャネルが占めるなど、業界有数の自販機網を主力チャネルとして事業活動を展開しています。

今後も「グループミッション2030」のもと、自販機ビジネスを"もっと身近で毎日の生活に役立つビジネスへ進化させる"という基本方針に基づき、自販機のイノベーションを推進してまいります。

NECは、2020年度までの3ヵ年の中期経営計画「2020中期経営計画」のもと、AI・IoTなどの先進技術を活用した製品・サービスを提供することで、人やモノ、プロセスの情報・状態をバリューチェーン全体で共有し、新たな価値を生み出す「NEC Value Chain Innovation」をお客さまと共に実現していきます。

■自販機における顔認証決済サービス実証実験概要

2020年7月3日(金)より、ダイドードリンコ自販機での顔認証決済サービスの実証実験を開始しました。

利用者は、スマートフォンやタブレット等の端末を用いて事前に顔画像やクレジットカード情報、パスコードを登録することで、自販機で購入時に顔とパスコードの2要素認証により、簡単かつセキュアに決済が可能になります。

なお、NECの生体認証「Bio-IDiom(※1)」の中核技術であり世界No.1の認証精度(※2)を有する顔認証技術を活用しています。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537154_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537154_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン