/

東大・広島大・愛媛大、二酸化ケイ素が地球表層の窒素を地球超深部へ運ぶことを発見

発表日:2020年7月2日

二酸化ケイ素が地球表層の窒素を地球超深部へ運ぶ

1.発表者:

鍵 裕之(東京大学大学院理学系研究科附属地殻化学実験施設 教授)

福山 鴻(東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 博士課程 3年生)

井上 徹(広島大学大学院先進理工系科学研究科 教授)

柿澤 翔(広島大学大学院先進理工系科学研究科 助教、研究当時:東京大学大学院理学系研究科 特任研究員)

新名 亨(愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター 講師・ラボマネージャー)

菱田 俊一(物質・材料研究機構 NIMS 特別研究員)

高畑 直人(東京大学大気海洋研究所海洋地球システム研究系海洋化学部門 助教)

佐野 有司(東京大学大気海洋研究所附属高解像度環境解析研究センター 教授)

2.発表のポイント:

◆高温高圧実験と二次イオン質量分析法(注1)による局所分析によって、地球深部の鉱物中にとりこまれる窒素の溶解度を決定した。

◆堆積物や大陸地殻が沈み込んで地球深部で形成されるスティショバイト(注2)に高濃度で窒素が取り込まれることがわかった。

◆地球表層から沈み込んだ窒素はスティショバイトとともに下部マントル(注3)まで運ばれ、蓄積していく。地球大気は地球深部鉱物と共に進化してきた。

3.発表概要:

窒素は大気の主要成分であり、生命活動にも欠かすことができない重要な元素である。しかし、地球全体で考えると窒素の濃度は他の揮発性物質と比べて著しく低く、その原因は謎に包まれている。現在のところ、地球の進化過程で揮発して地球外に窒素が飛散した可能性や、地球深部に窒素が貯蔵されている可能性が指摘されている。

東京大学大学院理学系研究科附属地殻化学実験施設の鍵裕之教授、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程3年の福山鴻大学院生らの研究グループは、地球深部(深さ約750-800km)の温度、圧力、酸素分圧を再現した高温高圧実験によって地球深部の鉱物を合成し、二次イオン質量分析法(NanoSIMS)による局所分析によって窒素の溶解度を測定した。その結果、スティショバイトに400ppmもの高濃度で窒素が溶け込むことがわかった。

スティショバイトは地球表層の堆積物や大陸地殻が沈み込む過程で生成し、下部マントルまで分解せずに到達することから、スティショバイトが地球表層の窒素を下部マントルまで運びうることが示された。現在の大気中の窒素濃度は78%であるが、本研究の結果は過去の大気の窒素濃度が現在よりも高かったことを支持し、暗い太陽のパラドックス(注4)を解決に導くかもしれない。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537044_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン