プレスリリース

京大など、フォトニック結晶レーザーを搭載したLiDARの開発に成功

2020/6/30 17:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年6月30日

フォトニック結晶レーザーを搭載したLiDARの開発に世界で初めて成功

―来たるべき超スマート社会におけるスマートモビリティの発展に貢献―

■概要

京都大学工学研究科の野田進教授、吉田昌宏助教、メーナカ デ ゾイサ講師、石崎賢司特定准教授、國師渡研究員(ローム株式会社から京都大学に常駐)等のグループは、北陽電機株式会社と共同で、フォトニック結晶(注1)レーザーを搭載した光測距システム(LiDAR,Light Detection and Ranging)(注2)の開発に世界で初めて成功し、フォトニック結晶レーザーがスマートモビリティ応用に向けて極めて有効であることを示すことに成功しました。

来たるべき超スマート社会におけるスマートモビリティ、すなわち、ロボット、農機、建機、自動車等の自動運転の実現のためには、光測距システム(LiDAR)は、極めて重要です。このようなLiDARシステムの心臓部の光源には、小型・安価という特徴をもつ半導体レーザーの活用が必須ですが、従来の半導体レーザーは、高出力時に、ビーム品質(注3)が著しく劣化するとともに、非点収差や、大きなビーム拡がりのために、複雑なレンズ系を用いてビームを整形してから用いる必要があり、部品やその精密な調整にコストがかかり、かつ空間分解能を劣化させるという課題がありました。また、動作波長の環境温度依存性が大きいために、太陽光等の背景光の影響が大きくなるという課題もありました。

研究グループは、高出力動作時にも、高ビーム品質で、狭い拡がり角をもつビーム出射が可能で、動作波長の温度依存性が少ないフォトニック結晶レーザーの開発を進めて来ましたが、今回、さらにフォトニック結晶レーザーの性能を向上させるとともに、本レーザーを搭載したLiDARの開発に世界で初めて成功しました。この成果は、フォトニック結晶レーザーが今後の超スマート社会を支える光源として極めて有望であることを示すものです。

本研究成果は、様々な学会等で発表予定ですが、直近では、2020年7月13日~16日に開催される、米国光学会(Optical Society of America)のAdvanced Photonics Congress(On-line)において発表予定です。また、今回、開発に成功した、LiDARへ搭載可能なフォトニック結晶レーザーは、京都大学光・電子理工学教育研究センター内に設置した光・量子拠点より、MTA(Material Transfer Agreement)を介して、世の中への提供が可能です。

なお、本研究は、内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術(管理法人:量子科学技術研究開発機構)および、JST戦略的創造研究推進事業 CREST「次世代フォトニクス」のもとに行われました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0536880_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]