プレスリリース

企業名|産業
NTTドコモ情報・通信

NTTドコモ、ドコモオープンイノベーションクラウドで「クラウドダイレクト」サービスを提供開始

2020/6/30 17:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年6月30日

ドコモオープンイノベーションクラウド「クラウドダイレクト」サービスを提供開始

-国内初の5GによるMECへの閉域接続サービスで5Gソリューションを利用可能-

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドコモのネットワーク網と接続したクラウドコンピューティング設備(以下、クラウド基盤)を用いたサービスである「ドコモオープンイノベーションクラウド(R)」のオプションサービスとして、接続端末とクラウド基盤を直結して通信経路を最適化することで、5Gによる低遅延(※1)・高セキュリティ通信を実現する「クラウドダイレクト(TM)」サービス(以下、本サービス)を、東京、大阪、神奈川、大分の4拠点で2020年6月30日(火曜)より提供開始いたします。初期費用は1接続30,000円(税抜)、月額利用料は1接続35,000円(税抜)(※2)でご利用いただけます。

「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、ドコモ網内の設備にクラウド基盤を構築することで、5G時代に求められる低遅延・高セキュリティ通信を実現するMEC(Multi-access Edge Computing)(※3)を活用したソリューションが利用できるクラウドサービスです。

本サービスをご利用いただくと、お客さまの5G通信端末とクラウド基盤間の通信経路を最適化することで、本クラウド基盤のもつMECの特長を最大限に活用いただくことが可能になります。また、クラウド基盤とドコモのネットワーク網をダイレクトに接続し、インターネットから分離された閉域通信を実現することで、高セキュリティな通信環境下でクラウドサービスをご利用いただくことが可能になります。

さらに、複数のクラウド基盤拠点の中から、5G通信端末の接続先の拠点を柔軟に変更することができる「ネットワーク・オン・デマンド機能」により、お客さまの位置と物理的に距離が近い拠点に接続することができ、さらに低遅延な5G通信が可能になります。

*参考画像は添付の関連資料を参照

本サービスの提供により、AIを活用した「ドコモ画像認識プラットフォーム」(※4)を使ったソリューションや、ドコモがワンストップで提供する4つの5Gソリューションなどが本サービスに対応します。本サービスをご利用いただくことで、映像伝送や遠隔操作などの大容量データ通信のさらなる低遅延化を実現するとともに、画像やドキュメント、デザインなど秘匿性の高いデータのセキュリティを確保することが可能になります。本サービスに対応するソリューションは順次拡大してまいります。

ドコモは、「オープンイノベーションクラウド」を通じて、パートナーとの協創による5Gソリューションの活用をさらに加速し、5G時代の新たな価値創造と社会課題解決に向けた取り組みを推進してまいります。

詳細は別紙をご覧ください。

※1 無線区間や有線区間の各種条件により遅延時間は変動するため、ネットワークの伝送遅延が必ず一定以下になるといった保証をするものではありません。

※2 5Gデータ通信端末の購入費用が別途かかります。また、別途「クラウドダイレクト」用の専用の5G回線のご契約が必要です。専用の5G回線の料金の詳細については、全国のドコモ法人営業担当者、または「ドコモのホームページ 法人のお客さま」お問合せページよりお問合せください。

※3 MECとは、移動通信網において、お客さまにより近い位置にサーバーやストレージを配備する仕組みです。

※4 画像認識技術の一部は、NTTグループのAI「corevo(R)」を構成する技術です。

*別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0536867_01.png

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0536867_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]