プレスリリース

企業名|産業
NTTドコモ情報・通信

NTTドコモなど、製造機器一括分析ソリューション「FAAP」を提供開始

2020/6/30 17:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年6月30日

製造機器一括分析ソリューション「FAAP」の提供を開始

-機器の故障予兆検知や生産品検品の自動化をトータルでサポートし、製造現場の生産性向上を実現-

株式会社NTTドコモ(代表取締役社長:吉澤 和弘/以下、ドコモ)と、株式会社シナプスイノベーション(代表取締役社長 藤本 繁夫/以下、シナプスイノベーション)、ブレインズテクノロジー株式会社(代表取締役:濱中 佐和子/以下、ブレインズテクノロジー)は、機器の故障予兆の検知や生産品検品の自動化など製造現場の生産性向上を目的に、5Gにも対応した製造機器一括分析ソリューション「FAAP(TM)」(以下、FAAP)」を、2020年6月30日(火曜)よりドコモから法人のお客様向けに提供開始します。

「FAAP」は、工場内のロボット、制御機器、センサー、カメラなど多様な現場機器から取得したデータをリアルタイムに収集、クラウド上でAI分析・判定、判定結果を現場にフィードバックし、機器の故障時期の予測や生産品の不良検知を自動化するソリューションです。ソリューションを活用することで故障・メンテンナンスによる機器の稼働率低下の抑制や人手に頼る生産品の検品作業の自動化が可能となり、工場における生産性の向上、人手不足の解消や技能の平準化を実現します。また、「FAAP」は、現場の要望に合わせたソリューション設計だけでなく、データ収集に必要な機器の手配・接続確認、通信環境・クラウド・通知用アプリケーションの提供などシステム構築・運用ならびに保守までをドコモがトータルで提供するため、導入までの時間を短縮しコストを削減できるだけでなく、運用開始後もソリューションに係る現場稼働を必要としません。

「FAAP」では、シナプスイノベーションが構築したシステムを利用してデータを収集し、ドコモネットワークに設置した低遅延、高セキュリティなどMEC(Multi-access Edge Computing)(※1)の特徴を持つクラウドサービス「ドコモオープンイノベーションクラウド(R)」にデータを送信します。さらに、ブレインズテクノロジーが提供する、機械学習を利用することで高度な分析が可能となるプラットフォーム「Impulse(TM)」を活用して、取得した膨大な現場機器データから製造現場の要望に最適なAIモデルを生成します。

なお、「FAAP」は4G(LTE)ネットワークでも利用可能ですが、5Gの高速・大容量なネットワークを利用することで、より大容量の画像分析を可能にします。また、「ドコモオープンイノベーションクラウド」で本日より提供開始する「クラウドダイレクト(TM)(※2)」と併用することで、より高セキュリティな環境でお使いいただけるようになります。

今後3社は、それぞれのノウハウを持ち寄り、製造現場でのリアルタイムなデータを活用した生産性向上などスマートファクトリーの実現に貢献してまいります。

※1 「MEC」とは、移動通信網において、お客さまにより近い位置にサーバーやストレージを配備する仕組みです。

※2 「クラウドダイレクト」は、ドコモ網と接続したクラウドコンピューティング設備を用いたサービスである「ドコモオープンイノベーションクラウド」のオプションサービスです。通信端末とドコモオープンイノベーションクラウド間の通信経路を最適化することで、5Gによる低遅延・高セキュリティ通信を実現します。(各種条件により遅延時間は変動するため、ネットワークの伝送遅延が必ず一定以下になるといった保証をするものではありません。)

*別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0536864_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]