プレスリリース

帝人フロンティア、環境に優しくストレッチ性のある複合繊維「SOLOTEX ECO-Hybrid」を開発

2020/6/30 16:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年6月30日

植物由来原料とリサイクル原料を使用した高ストレッチ繊維

「SOLOTEX ECO-Hybrid」を開発

帝人フロンティア株式会社(本社:大阪市北区、社長:日光 信二)は、植物由来成分を使用した原料と、使用済みポリエステル繊維などをケミカルリサイクルにより再生した原料を使用し、環境に優しく、ストレッチ性を有するサイド・バイ・サイド型複合繊維(*1)「SOLOTEX ECO-Hybrid(ソロテックス エコ ハイブリッド)」を開発しました。

帝人フロンティアは、2020年秋冬向けから重点プロモート素材として「SOLOTEXECO-Hybrid」の販売を開始し、ファッション衣料やスポーツ衣料、ユニフォームなど、幅広い用途に向けて拡販を図っていきます。

(*1)サイド・バイ・サイド型複合繊維:熱収縮性の違う2種類のポリマーを貼り合わせて糸にし、コイル状のクリンプ構造を発現させることでストレッチ性を有する繊維。

1.開発の背景

(1)近年、衣料用素材に対し、ストレッチやソフトな風合いなどの快適性とともに、環境配慮型素材へのニーズが高まっています。

(2)こうした中、原料の約40%が植物由来で、ストレッチ性などを有するポリトリメチレンテレフタレート(以下、PTT)と、通常のポリエチレンテレフタレート(以下、PET)を貼り合わせたサイド・バイ・サイド型複合繊維「ソロテックス」の需要は拡大してきました。

(3)また、PETの部分をリサイクル原料に置き換えることにより、全ての原料を環境配慮型とした新しい「ソロテックス」の開発も進めてきています。

(4)しかし、PTTとリサイクルPETのサイド・バイ・サイド型複合繊維には、クリンプ構造がばらつくという課題がありました。そこで、これまで培ってきたポリマーを適正に貼り合わせる技術を向上させ、植物由来原料を使用したPTTとケミカルリサイクル原料を使用したPETを貼り合わせた「SOLOTEX ECO-Hybrid」の開発に成功しました。

2.技術の概要

ポリマーの安定化技術と、機能性を付与するための製糸技術を組み合わせることにより、「SOLOTEX ECO-Hybrid」の開発に至りました。

・ポリマー技術:PETポリマーにケミカルリサイクル原料を使用し、クリンプ構造が発現するようなポリマーへとコントロールすることで、PTTポリマーと適正に貼り合わせる技術を確立。安定したストレッチ性の発現を可能としました。

・製糸技術:製糸条件を適正化することにより、石油由来の原料と同等のクリンプ構造や、染色加工が可能な品質を実現しました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0536858_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]