/

東大と積水ハウス、「国際建築教育拠点(SEKISUI HOUSE-KUMA LAB)」総括寄付講座を設立

発表日:2020年6月29日

東京大学×積水ハウス

「国際建築教育拠点(SEKISUI HOUSE-KUMA LAB)」総括寄付講座を設立

デジタルテクノロジーの活用・グローバルなプラットフォームで「未来の住まいのあり方」を研究

国立大学法人東京大学と、積水ハウス株式会社は「国際建築教育拠点(SEKISUI HOUSE-KUMA LAB)」総括寄付講座を東京大学総長室総括プロジェクト機構(注1)内に設置し、2020年6月1日から5年間の活動を開始致しました。

建築学における最先端のデジタルテクノロジーの活用研究と国際的な人材育成を目指す東京大学と、「わが家」を世界一 幸せな場所にする、というグローバルビジョンを掲げる積水ハウスは、「未来の住まいのあり方」をテーマとした研究の場を創ることに合意し、隈研吾・東京大学特別教授を中心とした本総括寄付講座の設立に至りました。

国際デザインスタジオ、デジタルファブリケーションセンター、デジタルアーカイブセンターの3つの拠点の活動を展開することによって、コンピュテーショナル・デザインやポストデジタル、アーバンデザイン、建築史学などの建築学の各領域における国際的な研究・教育拠点の確立を目指しながら、「未来の住まいのあり方」を探究します。

(注1)東京大学総括プロジェクト機構

 全学として推進すべき研究プロジェクトとして、総長直轄の寄付研究部門または研究部門を設け、総括することを目的とした研究組織。

■国際デザインスタジオ

最先端の多様な研究・教育に触れ、世界の建築の動向の変化にいち早く反応し、世界の文化多様性の推進に対して建築がどのように貢献できるかを議論・探求する国際的なプラットフォームとして機能することが期待されます。国際デザインスタジオでは、コンピュテーショナル・デザイン、ポストデジタル、アーバンデザインの各分野で活躍する建築家を世界から招聘し、半学期から1学期の期間にわたりデザインスタジオの指導にあたって頂きます。また、海外大学の建築学部長から国際アドバイザーを任命し、本講座の運営方法への助言を頂く体制を構築致します。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0536713_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン