/

ライオン、オウバクエキスの歯周病予防に関わる破骨細胞の形成を抑制する効果を確認

発表日:2020年6月24日

オウバクエキスが破骨細胞の形成を抑制する効果を確認

~歯槽骨を含む歯周組織全体に着目した歯周病(※)予防の新たなアプローチ~

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、歯周病予防の有効成分として使われる生薬の一つであるオウバクエキスが、歯槽骨吸収に関与する破骨細胞の形成を抑制することを確認しました。この知見は、歯槽骨を含む歯周組織全体に着目した歯周病予防に繋がります。

なお、本研究は、2020年4月に「第98回国際歯科研究学会(International Association for Dental Research;IADR)」にて誌上発表いたしました。また、関連する研究について、2020年7月に開催される「第63回春季日本歯周病学会学術大会」にて誌上発表する予定です。

※歯肉炎・歯周炎の総称

■研究の背景

一般的に、歯周病を予防するための日常的なオーラルケアに対しては、歯茎の腫れを抑える抗炎症成分や、炎症の原因となる歯周病菌に対する殺菌成分を配合するなど、歯肉に着目したアプローチが主流です。一方、歯周病が進行すると過剰な歯槽骨吸収が起こり、最終的には歯の喪失に至ると言われているにも関わらず、歯周病予防成分による歯槽骨の吸収に着目したアプローチは、ほとんどありません。

そこで本研究では、歯槽骨吸収に関与する破骨細胞の形成に対し、歯周病予防成分の一つであるオウバクエキスを作用させ、その影響を検証しました。

■研究の結果

<実験概要>

歯周病予防の有効成分「オウバクエキス」について、歯槽骨吸収に関与する破骨細胞の形成抑制効果を検証し、同様の効果が報告されている、オウバクエキス中に含まれるベルベリン塩酸塩と比較しました。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0536399_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン