プレスリリース

ヤフー、技術職(エンジニア、デザイナー)を対象とした「就業型インターンシップ」を完全オンライン開催

2020/6/10 12:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年6月10日

ヤフー、技術職(エンジニア、デザイナー)を対象とした「就業型インターンシップ」を完全オンライン開催へ

~就業体験機会の低減に対する学生の不安を払拭~

2020年夏インターンシップ( https://about.yahoo.co.jp/hr/internship/

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、技術職(エンジニア、デザイナー)を対象としたオンラインでの就業型インターンシップ開催を決定しました。このインターンシップは、ポテンシャル採用活動(※1)の一環として、2020年8月下旬より順次開催します。募集期間は7月3日(金)までです。

*参考画像は添付の関連資料を参照

現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、合同説明会やインターンシップを中止する企業が出るなど、学生の就職活動への影響が出ています。株式会社マイナビの調査によると、インターンシップに応募したことがある学生は93.8%、参加したことがある学生は84.9%と、インターンシップは学生にとって重要な就業体験になっています(※2)。

Yahoo! JAPANのインターンシップは、実際の業務を通して、学校で学んだ知識を発揮してもらうために、複数のコースを用意し、パソコンの貸与のほか、社員用のメールアドレスを発行し、社員と同じ環境で就業を体験いただきます。昨年度のインターン終了後のアンケートでは、97%の学生が「非常に満足」または「満足」と回答いただくなど、例年好評をいただいています。

Yahoo! JAPANは、新型コロナウイルス感染拡大の影響に関わらず、就活生に対して、例年通り就業体験できる機会を提供し、働くことについて実感を持って考え成長の機会にしていただくとともに、就業体験機会の低減に対する学生の不安を払拭したいとの想いから、在宅勤務を前提としたオンライン形式に切り替えたインターンの実施を決定しました。在宅での勤務に伴い、通勤による感染リスクの心配もなく、学生の居住地にかかわらず参加しやすくなります。

Yahoo! JAPANは、新しい生活様式に沿うかたちで、インターンシップそのもののあり方を見直すとともに、学生においては実際の業務を経験してもらうことで、新たな発想やアイデアを期待し、日本のイノベーション力向上の一助となることを目指します。

※1:新卒一括採用を廃止し、新卒や既卒、第二新卒など経歴にかかわらず30歳以下の方を対象とした「ポテンシャル採用」( https://yahoo.jp/atsE61 )を開始

※2:出典「2019年度 マイナビ大学生インターンシップ調査」( https://yahoo.jp/jknyp2 )(外部リンク)

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0535523_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0535523_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]