/

フィリップス、携帯型超音波診断装置「Lumify(ルミファイ)」を発売

発表日:2020年6月1日

コンパクトかつ多機能な超音波診断装置「Lumify(ルミファイ)」を販売開始

多様化する日本医療環境の中、さまざまなシーンの医療現場で活躍する携帯型超音波診断装置

株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤 浩幸、以下フィリップス)は「2030年までに30億の人々の生活を向上させる」をビジョンに掲げ、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアにいたるヘルスケア・プロセスのすべてにイニシアティブを持ち「もっと健やかな未来へ」をコンセプトとして、すべての人の健康に貢献していきたいと努めております。

少子高齢化や医師不足など日本の医療環境課題によりその環境が多様化する中、それに適応する医療診断機器が望まれています。フィリップスは、そんな日本の医療環境のニーズに対応するべく携帯型超音波診断装置の『Lumify(ルミファイ)』を本日より販売開始します。

『Lumify』はコンパクトかつ多機能な携帯型超音波診断装置として、患者へのアクセスの早さはもちろん、これまで超音波診断装置としてフィリップスが培ってきた専門性の高い技術のトランスジューサを搭載しています。このトランスジューサと接続するスマートデバイスにはコンパクトかつ頑丈性の高いデバイスを採用。加えてリアルタイムの画像共有の機能の『Reacts(※1)』を活用することで、手技に関係する医療スタッフ間のコミュニケーションを円滑にします。

『Lumify』はこれらの機能を備えて、災害や救急医療などで早いアクセスが望まれるプライマリケアから、麻酔や整形など広範囲の診断を必要とするポイントオブケア、さらに往診や在宅医療など場所にとらわれずに診断が求められるホームケアまでさまざまな患者の"ケア"のシーンに適した診断を患者へ提供することができます。

*参考画像は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534953_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534953_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン