/

LINE、「LINE マンガ」を展開するラインデジタルフロンティアの株式を米Webtoon Entに譲渡

発表日:2020年5月28日

「LINE マンガ」を展開するLINE Digital Frontier株式会社における資本変更のお知らせ

米国 WEBTOON社との連携によるオリジナルデジタルマンガ作品のさらなる強化およびグローバル展開の加速を目指す

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下 LINE)は、2020年5月27日開催の取締役会において、グループ会社であり、国内最大の電子コミックサービス(*1)「LINE マンガ」を運営するLINE Digital Frontier株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:出澤 剛、以下 LINE Digital Frontier)の株式をWebtoon EntertainmentInc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:金 俊九、以下 Webtoon Ent)に譲渡することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

*1:国内マンガアプリダウンロード数1位(2020年4月時点/iOS&Google Play合計/出典:App Annie)

5月27日現在、LINE Digital Frontierの株式を、LINEが70%、NAVER WEBTOON Corporation(本社:韓国京畿道、CEO:金 俊九、以下 NAVER WEBTOON)が30%を保有しておりますが、本株式譲渡後、資本変更により、LINE Digital FrontierおよびNAVER WEBTOONはWebtoon Entを親会社とし、それぞれ100%子会社となります。また、LINEは本株式譲渡による対価をWebtoon Entの株式取得にあて、その保有割合は33.4%となる見込みです。なお、資本変更後も、LINE Digital Frontierおよび「LINE マンガ」の社名・サービス名は継続して使用されることとなり、LINEグループのサービスとも密に連携してまいります。また、LINEは、引き続き「LINE マンガ」事業をプラットフォーム、マーケティング、人材などの面で積極的にサポートしてまいります。

株式譲渡の概要については、IRによる適時開示資料をご参照ください。

IR開示資料「当社連結子会社の異動に関するお知らせ」

 URL: https://d.line-scdn.net/stf/linecorp/ja/ir/all/LINE_20200527_JP.pdf

1. 本資本変更の背景と目的

「LINE マンガ」は2013年4月、作品の購入や閲覧をアプリ1つで完結するスマートフォン向け電子コミックサービスとしてスタートしました。以降、無料連載作品の展開やLINE マンガ編集部の創設、オリジナルマンガの投稿機能開始、作品配信数の増加といったコンテンツ拡充に加え、コンテンツを最大限に楽しんでいただくためのUIを追求してまいりました。そして、さらなるサービス拡大のため、2018年6月、LINEは当時70か国でNo.1となっていたウェブマンガサービス「NAVER WEBTOON」を展開するNAVER WEBTOONと資本・業務提携を実現、さらに翌7月に合弁事業会社であるLINE Digital Frontierを設立し、同社に「LINE マンガ」事業を承継後、2019年1月にはNAVER WEBTOONが日本で運営する無料ウェブマンガサービス「XOY」(ジョイ)とサービスを統合しております。さらに、オリジナル作品においては「文学処女」や「偽装不倫」、「神之塔」などドラマ・アニメ化される作品も多数輩出し、電子コミックスの枠を超えたメディアミックス展開も進めてまいりました。「LINE マンガ」の2020年4月1日時点での国内アプリDL数は2,700万を突破し、利用者No.1(*2)の電子コミックサービスへと成長しております。

*2:国内マンガアプリダウンロード数,アクティブユーザー数(2020年4月時点),平均利用時間(2019年4月~2020年4月)で1位/iOS&Google Play合計/出典:App Annie

一方、NAVER WEBTOONは2004年、韓国にて「NAVER WEBTOON」サービスを開始し、現在では100か国以上でオリジナルウェブマンガサービスを提供しております。アメリカ・インドネシア・タイ・台湾などを主なターゲットとするグローバルウェブマンガサービス「LINE WEBTOON」だけでなく、有料コミック・小説サービスの「NAVER SERIES」など、オリジナル作品約2,300タイトルを含め、計120万タイトル以上の作品をグローバルに提供しており、WebtoonEntが運営する米国においても首位となっております。米国現地で発掘された作品が特に米国の若年層のユーザーから大きな人気を博している中、2019年米国だけで1,000万MAUを突破し、同年にスペイン語、フランス語サービスを展開して南米と欧州でも多くのユーザーに注目されています。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534749_01.pdf

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン