プレスリリース

企業名|産業
NEC電機

NEC、標的型攻撃によるマルウェア侵入リスクを低減するインターネット分離ソリューションを販売開始

2020/5/25 11:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年5月25日

NEC、標的型攻撃によるマルウェア侵入リスクを低減するインターネット分離ソリューションを販売開始

~低コストかつ利便性の高いソリューションを実現~

NECは、標的型攻撃への有効な対策となるインターネット分離(注1)ソリューション「Application Platform for SCVX」を、統合型ソリューション「NEC Solution Platforms」のラインアップに追加し、本日から販売開始します。

本ソリューションには、機密情報の漏洩を防ぐ対策として推奨されている(注2)ジェイズ・コミュニケーション株式会社(注3)のインターネット分離ソリューション「SCVX」を利用します。

近年、官公庁・自治体や企業の機密情報を狙った標的型攻撃への対策として、マルウェアの侵入・感染リスクを低減する様々な製品が提供されています。このような中、高いセキュリティと品質を確保した上で、低コストかつ短期間の導入と、高い利便性を実現したソリューションが求められています。

今回提供するソリューションは、標的型攻撃対策として有効なインターネット分離を、LinuxベースのDockerコンテナ技術を用いた仮想ブラウザ方式で行います。端末にはブラウザ画面を転送、表示しインターネットへの直接アクセスを遮断することで、マルウェア侵入リスクを限りなくゼロにして高いセキュリティを実現します。NECはSCVXを、事前の評価・検証に基づき最適に設計・サイジングしてサーバに構築し、統合型ソリューション「NEC Solution Platforms」として提供することで、品質の確保と導入期間の短縮を実現します。また、ライセンス体系を同時接続数とすることで、低コストでの導入・運用を可能にします。

さらに、インターネットからダウンロードしたファイルの無害化とサンドボックスチェック(注4)機能をオプションで提供します。これにより従来は、複数システムを組み合わせて実現していたこれらの機能を単一のソリューションで実現し、インターネット分離環境での安全なファイル受け渡しをワンクリックで実現します。

NECとジェイズ・コミュニケーションは今後、受信メールの添付ファイルを無害化する機能を共同で開発し、2020年7月に提供開始する予定です。HTMLメールのテキスト化や本文内URLの無効化などの機能と合わせて提供し、受信メール全体の無害化を実現します。

○参考価格

Application Platform for SCVX:約650万円(標準価格)

 ※100同時接続構成、各種オプションおよび保守費用は除く

NECは本ソリューションを、住民情報や顧客情報などの機密情報を扱う官公庁・自治体、教育・医療・金融機関などに提供し、今後3年間で200システム以上の販売を目指します。また、従来から提供しているWindowsベースのインターネット分離ソリューションについても、引き続き販売します。これらにより安全・安心な都市・行政基盤の確立を通じて、豊かな社会の実現に貢献していきます。

本発表にあたり、ジェイズ・コミュニケーション株式会社から賛同文をいただいています。

ジェイズ・コミュニケーション株式会社 取締役執行役員 RevoWorksビジネスユニット長 中村時彦

ジェイズ・コミュニケーション株式会社は当社が自社開発している『SCVX』を採用した『Application Platform for SCVX』のリリースを心より歓迎します。SCVXはLinuxベースのDockerコンテナ技術を用いた高い安全性を保ち、操作性を重視した仮想ブラウザです。NEC様の高品質なハードウェアならびにサポートにより、今後益々より多くのお客様にお届けできるものと思います。NEC様と協力し、当社も一層注力してまいります。

【別紙】Application Platform for SCVXの概要

https://jpn.nec.com/press/202005/images/2501-01.jpg

以上

(注1) インターネット分離:ファイアウォールの外にリモートデスクトップサーバを設置し、端末からインターネット上のwebサイト閲覧時に同サーバ上のブラウザを経由して行うことで、外部への直接的なアクセスを遮断する方法。これによりwebサイト閲覧時などに標的型攻撃を受けてマルウェアに感染しても、データはサーバ内に存在しないためファイルの流出を防ぐことができる。

(注2) 総務省「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」(2018年9月)、経済産業省「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver2.0」(2017年11月)、文部科学省「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」(2019年12月)

(注3) 本社:東京都中央区新川、代表取締役 社長:愛須康之

(注4) サンドボックスチェック:コンピュータ上に設けた仮想環境でプログラムを動作させて、マルウェアの有無など安全性を分析・検証すること。

○統合型ソリューション「NEC Solution Platforms」について

URL: https://jpn.nec.com/slpf/index.html

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]