プレスリリース

企業名|産業
楽天商社・サービス

楽天と西友、「楽天西友ネットスーパー」で新型コロナウイルス感染防止のため「非対面受け取り」を導入

2020/5/22 17:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年5月22日

楽天西友ネットスーパー、新型コロナウイルス感染防止のため原則すべての注文のお届けに「非対面受け取り」を導入

-一部地域で「店舗でのお渡しサービス」も試験導入開始-

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)と合同会社西友(本社:東京都北区、社長兼最高経営責任者:リオネル・デスクリー、以下「西友」)は、共同で運営する「楽天西友ネットスーパー」(以下「本サービス」)において、新型コロナウイルスの感染防止策の一環として、5月28日(木)より、原則すべての注文のお届け時に、「非対面受け取り」(注1)を導入します。また同日、一部地域において、注文した商品の受け取り場所として、自宅のほかに西友の店舗が選択可能となる、「店舗でのお渡しサービス」を試験導入しますので、併せてお知らせします。

「楽天西友ネットスーパー」では、お客様と配送員の新型コロナウイルス感染防止のため、2020年4月中旬より、お客様の希望に応じて「非対面受け取り」に対応しています。この度、原則すべての注文のお届けを非対面(注2)とし、お客様と配送員が直接接することなく、インターフォン等を通じて商品の置き場所を確認する運用とすることで、商品の受け取り時の感染リスクの更なる低減とお客様がより安心して利用できるサービスの実現を図ります。

「店舗でのお渡しサービス」は、西友行徳店(千葉県)および西友朝霞根岸店(埼玉県)の近隣のお客様を対象に試験導入します。お客様は、「楽天西友ネットスーパー」で商品を購入する際に、受け取り方法として「店舗でのお渡し」を選択の上、受け取り日時を注文当日より4日間の10時から20時までの5つの時間帯(注3)の中から指定すると、西友店舗内に設置した本サービス専用の「商品お渡し場所」で購入商品を受け取ることができます。これにより、お客様は、ご都合に合わせて指定の時間内に店頭で商品を受け取ることが可能となり、店舗における滞在時間の短縮や、混雑を避けることができるようになります。行徳店では、出入口に近い店内の空きスペース、朝霞根岸店では1階駐車場に、それぞれ「商品お渡し場所」を設置します。

さらに、「楽天西友ネットスーパー」では、本サービスの需要拡大を受け、サイトへのアクセスの集中を緩和し、お客様がより注文しやすい環境を提供するため、注文受付開始時間を午前0時と正午の1日2回に分散します。これまでは、毎日午前0時に注文当日から3日後の注文の受付を開始していましたが、5月28日(木)より一部配送エリアを対象に、午前0時に3日後の10時から16時までの3つの時間帯、正午に16時から22時までの3つの時間帯の注文受付を開始します。今後は順次、対象エリアを拡大し、全配送エリアで、注文受付開始時間の分散に対応します。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534464_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]