/

東大、対称性に基づいた超伝導体のトポロジーを判定する手法を確立

発表日:2020年5月2日

対称性に基づいた超伝導体のトポロジーの判定法の確立

―トポロジカル超伝導体の候補物質探索における指針として期待―

1.発表者:

小野 清志郎(東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 博士課程 1年生)

渡邉 悠樹(東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 准教授)

2.発表のポイント:

◆トポロジカル超伝導体の候補となる物質の探索に有用な新理論を構築した。

◆各物質を特徴付けるバンド構造に現れる空間群の表現に基づいて超伝導体のトポロジーを判定する手法を確立。

◆本提案手法を用いてトポロジカル超伝導体の候補物質が見つかれば、今後の量子コンピューターの実用化を後押しすることが期待される。

3.発表概要:

電気抵抗がゼロになるという著しい性質を示す「超伝導体」(注1)はMRIなど既に実生活のさまざまな場面で実用化されている。その中でも「トポロジカル超伝導体」(注2)と呼ばれる種類のものは表面にマヨラナ粒子(注3)が現れることが知られており、その量子コンピューターへの応用可能性から世界中で注目され活発な研究が行われている。しかし、「トポロジカル超伝導体」の性質を示す現実の物質の候補は極めて少数に限られているのが現状である。

東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻の小野大学院生と渡邉准教授は、米国・マサチューセッツ工科大学のPo研究員との国際共同研究で、トポロジカル超伝導体の新候補物質の探索に役立つ包括的な理論を提案した(図1)。

この提案をもとに実際にトポロジカル超伝導体の新しい候補物質が見つかれば、今後のトポロジカル量子コンピューターの開発に結びつくことが期待される。

本研究成果は米国科学誌 Science Advances誌(オンライン版)に5月1日掲載予定である。

本研究成果は、科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究領域「トポロジカル材料科学と革新的機能創出」(研究総括:村上 修一)研究課題「対称性の表現に基づくトポロジカル材料の探索(研究者:渡邉 悠樹)」(No.JPMJPR18LA)の支援を受けて行われた。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0533466_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン