/

IIJ、企業のテレワーク需要急増を受けリモートアクセスサービスの設備を数倍規模に増設

発表日:2020年4月23日

IIJ、企業のテレワーク需要急増を受けて

リモートアクセスサービスの設備を数倍規模に増設、数十万台のデバイスを収容可能に

--リモートアクセスサービスの契約数は2月からおよそ2.5倍、トラフィックは約4倍に急増--

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、急増するテレワークの需要に対応するため、リモートアクセスサービスの設備を大幅に増設することをお知らせいたします。

政府が緊急事態宣言を発令し、新型コロナウイルスの感染拡大対策として企業にテレワークの実施を推奨するなか、リモートアクセス関連サービスへの需要が急増しています。

IIJでは、クラウド型リモートアクセスサービスとして、メールや社内システム利用など一般的な業務に適した「IIJ GIO リモートアクセスサービス(※1)」および、高い通信品質で、Web会議等のリアルタイム性が要求される用途に最適なVPNサービス「IIJ フレックスモビリティサービス(※2)」を用意しています。

特に2018年12月に提供を開始したIIJ フレックスモビリティサービスには、高い通信品質で快適にテレワークしたいというニーズが強く、2020年4月20日時点の契約デバイス数累計は5万台超と、2月末時点と比較しておよそ2.5倍となっています。3月にお申し込みいただいたデバイス数は、前月までの月平均の申し込み数と比較して約9倍に増えるなど、お客様の急激な需要の増加が顕著にあらわれています(図1)。同時にIIJ フレックスモビリティサービス トラフィックも、2月後半から、3月、4月と、倍増するペースでピークが増えており、企業におけるテレワークの導入が急速に進んでいると推測されます(図2)。

また、緊急事態宣言の対象地域が全国に広がったことで、今後さらなる需要の拡大が見込まれます。そのためIIJでは、お客様に安心してサービスをご利用いただけるよう順次設備を増設しており、今後現状の数倍の顧客(数十万デバイス)を収容できる規模まで増強してまいります。

(※1)IIJ GIO リモートアクセスサービスの詳細は https://www.iij.ad.jp/biz/gam/をご覧ください。

(※2)IIJ フレックスモビリティサービスの詳細は https://www.iij.ad.jp/biz/fxm/をご覧ください。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0533324_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン