/

東大など、生体において高い生理活性を示す細胞増殖因子代替化合物を開発

発表日:2020年4月2日

生体において高い生理活性を示す細胞増殖因子代替化合物を開発

~化学合成品により再生医療の大幅なコストダウンへ~

1.発表者:

植木 亮介(東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 助教)

内田 智士(東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 特任助教)

神田 直人(研究当時:東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 修士課程)

山田 直生(研究当時:日本学術振興会 特別研究員)

植木 彩香(研究当時:東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 学術支援職員)

秋山 桃子(東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 博士課程1年生)

藤 加珠子(川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)研究員)

オラシオ カブラル(東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 准教授)

山東 信介(東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 教授)

2.発表のポイント:

◆組織の再生や保護作用を示す細胞増殖因子の代替化合物を開発し、モデルマウスにおいて肝炎の抑制効果を示すことを実証しました。

◆生体環境において安定に存在し、高い生理活性を示す細胞増殖因子代替化合物を、生体物質であるデオキシリボ核酸(DNA)に基づいて設計可能であることを初めて報告しました。

◆化学合成可能な細胞増殖因子代替化合物は、再生医療のコストダウンや安全性の向上を実現する新しい医薬品の候補として期待されます。

3.発表概要:

細胞増殖因子は、組織の再生や保護、ES/iPS細胞などの幹細胞の分化を促すタンパク質であり、再生医療分野への応用が広く期待されています。しかし、細胞増殖因子は熱的に不安定な物質であり厳密な品質管理が必要とされること、また、製造に生物を用いた高コストな生産過程を要することが応用面における大きな課題となっています。東京大学大学院工学系研究科の植木 亮介助教、内田 智士特任助教、オラシオ カブラル准教授、山東 信介教授ら、川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンターの藤 加珠子研究員らの共同研究グループは、生体物質であるデオキシリボ核酸(DNA、注1)のみから構成される肝細胞増殖因子の代替化合物を開発し、モデルマウスにおいて肝炎の抑制効果を示すことを報告しました。DNAは化学合成により安価に大量生産可能であり、非常に熱安定性の高いマテリアルであるため、細胞増殖因子代替化合物として望ましい性質を持ちます。このような特性から、将来的には再生医療の大幅なコストダウンや安全性の向上につながる可能性が期待できます(図1)。本研究成果は日本時間2020年4月2日付で米国科学振興協会(AAAS)が出版する科学誌「Science Advances」オンライン版に掲載されます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0532218_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン