/

テレビ朝日とソフトバンク、5Gで伝送したサーフィンのライブ映像をテレビ局で遠隔操作・編集することに成功

発表日:2020年3月31日

テレビ朝日とソフトバンク、5Gで伝送したサーフィンのライブ映像をテレビ局で遠隔操作・編集することに成功

株式会社テレビ朝日(本社:東京都港区、代表取締役社長・COO:亀山 慶二、以下「テレビ朝日」)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、2020年3月20日に沖縄県北谷町で沖縄県のプロサーファーがサーフィンする姿を撮影したライブ映像を、第5世代移動通信システム(以下「5G」)を活用して伝送し、テレビ朝日の本社から映像の遠隔操作・編集をリアルタイムに行う実証実験に成功しました。

近年、インターネットテレビや動画配信サービスといったインターネットを活用した映像サービスや高精細な4K映像など、臨場感のある映像コンテンツの需要が高まっています。一方、放送業界では映像の高度化に伴う番組制作における作業の負荷や、編集機材のコスト増加などが課題となっています。そこで、テレビ朝日とソフトバンクは、このようなニーズや課題に対して、5Gを活用した実証実験を行いました。

実証実験では、沖縄県のプロサーファーがサーフィンする姿を3台のカメラでライブ撮影し、5Gを活用して都内にあるソフトバンクのデータセンターまで伝送し、テレビ朝日の本社から遠隔でスイッチング操作(全映像を遠隔視聴し必要な映像のみを切り換えて転送)できることを確認しました。また、全映像はソフトバンクのデータセンターに設置したサーバー内へリアルタイムで保存され、テレビ朝日の映像制作のエンジニアが遠隔で編集を行えることも確認できました。この実証実験の成功により、これまで撮影現場の中継車などで行っていたスイッチング操作や映像編集をテレビ局から効率的に行うことができるようになります。

テレビ朝日とソフトバンクは、放送業界が抱える課題解決や需要に対して、今後も5GやIoTを活用したさまざまな検討を進めていきます。

■実証実験のイメージ図

※参考画像は添付の関連資料を参照

・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0532094_01.jpg

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン