プレスリリース

日本生命、認知症を"トータルでサポートする"商品・サービスの提供について発表

2020/3/18 17:06
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年3月18日

認知症を"トータルでサポートする"新商品・サービスの提供について

~誰もが認知症と向き合える社会を目指して~

日本生命保険相互会社(社長:清水博、以下「当社」)は、社会課題である認知症に対し、予防から発症後までをトータルでサポートする新商品・サービスを提供するとともに、認知症の人や家族が安心して暮らせる社会の実現に向けた取り組みを推進します。

当社は2006年から東京大学高齢社会総合研究機構(IOG)や株式会社ニッセイ基礎研究所の協力のもと、ジェロントロジーの考え方を日本に根付かせる活動を進めてまいりました。また、ジェロントロジーの考え方に基づき、"人生100年時代"を、一人ひとりが安心して自分らしくより豊かに生きられる長寿時代を目指し、『Gran Age(グラン エイジ)プロジェクト』を推進してきました。

昨今、高齢化などを背景に急速に認知症患者が増え、認知症は誰でもなり得る身近なものとなったことを踏まえ、この度『Gran Age(グラン エイジ)プロジェクト』の一環として、認知症に関する新商品・サービスなどを開発いたしました。開発にあたっては、ジェロントロジーで重要とされる「必要な資金や万一のときに伝えたいことを事前に決めておくこと」や「社会とのつながりや楽しみ・生きがいを持ち、最期まで希望を持って豊かに過ごすこと」などの考え方を基にしています。なお、当取り組みは、当社が設定している「SDGs達成に向けた当社の目指す姿」の「世界に誇る健康・長寿社会の構築(健康寿命の延伸に資する取組)」にもつながる内容と考えています。

また、商品・サービスの提供と併せて、認知症の人や家族を地域・社会全体で支える社会づくりに貢献することで、誰もが認知症と向き合い、認知症になるべくならない(進行を遅らせる)・なったとしても安心して暮らすことをサポートし、一人ひとりにとって、より豊かな"人生100年時代"となることを目指してまいります。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0531227_01.pdf

添付リリース(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0531227_02.pdf

添付リリース(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0531227_03.pdf

添付リリース(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0531227_04.pdf

添付リリース(4)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0531227_05.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]