/

伊藤園、植物由来の生分解性フィルターを採用した環境に優しい「『お~いお茶 緑茶』ティーバッグ」を販売開始

企業:伊藤園
産業:

発表日:2020年3月10日

環境問題の解決に向けて取組みを推進

日本初(※1)となる植物由来の生分解性フィルター(※2)を「お~いお茶 緑茶」ティーバッグに採用

4月13日(月)より販売開始

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、日本初となる植物由来の生分解性フィルターを採用した環境に優しい「お~いお茶 緑茶」ティーバッグを4月13日(月)より販売開始します。

昨今、マイクロプラスチックによる海洋汚染が世界的な社会問題となり、プラスチック製ストローの廃止やレジ袋の使用規制の動きが強まるなか、企業の社会的責任を果たすためにも対応が必要です。当社は、持続可能な社会・環境目標を踏まえた「伊藤園グループ環境方針」のもと、プラスチックごみの課題解決に取り組み、環境に優しい資材を使用したティーバッグ製品の開発に至りました。

「お~いお茶 緑茶」ティーバッグは、植物由来の生分解性フィルターを採用した、環境に優しい緑茶ティーバッグです。フィルターはグリーンプラ認証(※3)を取得しています。また、ティーバッグの構造を見直すことで、従来のフィルター使用量を約50%削減します。さらに、ティーバッグの個包装に紙素材を使用し、プラスチックの年間使用量を約15t削減します。パッケージの外箱にはFSC認証紙(※4)を使用することで、環境性をさらに高めています。

また、抽出性の高い国産茶葉を使用し、お茶の味と香りがしっかりと楽しめる設計に見直しました。マグカップはもちろん、近年所有率の高まるマイボトルなど幅広い飲用シーンでお楽しみいただけます。

当社は、「お~いお茶」ペットボトル製品を『100%リサイクルペットボトル』に順次切り替えています。また、2021年をめどに「お~いお茶」ティーバッグシリーズのその他製品でも生分解性フィルターを採用した製品開発を進めていきます。今後も、環境問題の解決と伊藤園グループの成長を両立させる「共有価値の創造(CSV)」を具現化する持続可能な生産と消費を通じて、持続可能な社会・環境の実現に貢献してまいります。

(※1)マチ付きシングルチャンバーティーバッグとして日本初

(※2)ポリ乳酸のこと。微生物の力で水と二酸化炭素にまで分解

(※3)微生物の力で水と二酸化炭素まで分解される生分解性素材を使用し、環境負荷を低減した商品に認められる認証

(※4)適切に管理された森林からの木材を使用した用紙

*製品画像は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0530645_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0530645_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません