/

スイス インターナショナル エアラインズ、大阪(関西)=チューリッヒ線を新規就航

発表日:2020年3月2日

スイス インターナショナル エアラインズ、大阪(関西)=チューリッヒ線を新規就航

スイス インターナショナル エアラインズ(以下、SWISS)は、2020年3月1日より、エアバスA340-300型機にて大阪=チューリッヒ線の運航を開始し、本日3月2日午前8時27分にチューリッヒからの第一便が関西国際空港に到着しました。また、同日午前10時56分に関西国際空港からの第一便がチューリッヒに向けて離陸いたしました。

※参考画像は添付の関連資料を参照

今回の大阪=チューリッヒ線は、SWISSとしては初めての就航で、大阪は東京に続き、日本で2番目の就航都市になり、チューリッヒと大阪(関西)とを週5便の直行便で繋ぎます。エアバスA340-300型機で運航され、3クラス計223席(ファースト8席、ビジネス47席、エコノミー168席)を備えています。

今回の就航について、ルフトハンザグループ日本・韓国支社長ドナルド・ブンケンブルクは、次のように述べています。「本日、スイスインターナショナル エアラインズの新路線を関西国際空港に就航することができ、大変嬉しく思っています。ルフトハンザ グループにとって、日本は重要なマーケットです。スイスインターナショナル エアラインズは、関西路線を運航するヨーロッパのエアラインの中で、唯一ファーストクラスをご提供するなど、世界的に認められたスイス特有の『おもてなし』をご提供するエアラインです。ぜひレジャーに、ビジネスにご搭乗いただければと思います」。

今回の就航により、SWISSの日本とチューリッヒ間のフライトは、成田国際空港発着のデイリー運航に加え、週計12便の運航となります。また、ルフトハンザ グループ全体(SWISS、ルフトハンザ ドイツ航空、オーストリア航空)では、日本-ヨーロッパ間の路線を週45便(2020年夏期スケジュール)ご提供することになります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0530059_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0530059_02.pdf

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン